就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【徹底解説】“本当に行くべき”合同説明会・就活イベントとは!?

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

皆さん、こんにちは!
誕生日に貰った香水の匂いが好きすぎてそれを嗅ぎながらブログの執筆をする、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20171115204454p:plain

 

今日は11月15日。

19卒の学生にとっての就活解禁月である3月まで、もう後少しですね。 

スケジュールをマイナビさんのHPから引用してみましょう。

f:id:shukatu-man:20171115205133p:plain

(引用:https://job.mynavi.jp/conts/2019/schedule/

 

このスケジュールを見ると、現在11月はインターン・自己分析・業界研究を進行すべきだとありますね。

要は実際の就活が始まるまでの事前準備のことです。

 

3月になった際に、いかにスムーズに就活を開始できるかが重要になるので、今の時期はこのブログを含め情報を広く集めてみてください!

 

 

まぁ、そんなこんなで情報をインプットして頂くために今日のブログでは、就活におけるイベントの選択について話していこうかと思います。

 

僕は愛知出身でして、愛知といえば人口第4位のまぁまぁ都会なわけですよ。

 

でも、就活時期に開催されているイベントはそこまで多くなかった印象を受けました。

 

 

そんな愛知でも就活関連のイベントはそこまで多くなかったのだから、地方では本当に少ないんだろうなぁ。というのが僕の考えです。

 

 

今は東京に住んでいますが、東京ではイベントの数が半端じゃありません。

 

こうした事実によって、「地方の就活は不利だ!」という話になると思いますし、実際に就活が開始された際も、会社説明、面接などの場所は都会。

よって地方組は相当に労力がかかってしまいます。

 

 

まぁ、だからといって就活期に東京でホテル暮らしをするわけにも、金銭的にいかないので対策を考えましょうということです。

 

 

 

 

それで、就活関連のイベントに関する僕の結論!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つも参加する必要はない!

 

 

です。

 

 

 

 

 

えっ!?就活関連のイベント参加した方が良くない!?

 

 

そう言う人もいると思いますが、もちろんこの結論には理由があります。

 

 

 

 

 

それは、就活関連のイベントに参加する人、目的意識がなさすぎる!! 

ということなんですよね。

 

 

 

つまり、「なんとなく参加してみよっかな。」「参加したら就活有利になるかも。」という意識で参加する人があまりにも多いんですよ。

 

特に東京の学生は、あまりにも就活関連のイベントが多いため、それら1つ1つに対する目的意識は皆無です。

 

 

 

 

 

これと似たことは、学生生活の中で取った資格でも言えますよね。

「とりあえず資格とっておこう。将来何か有利になりそうだし。」

こうした目的意識のない行動が何を生みますか?

何も生まないでしょう。

 

 

 

つまり就活関連のイベントの参加にあたっては、目的意識もなく参加することは、参加しないも同然です。

 

もちろん、たまたま参加したイベントで出会った企業に惹かれて入社することになった!ということはあるかもしれませんが、そんなのネットサーフィンで代替できるでしょう!と僕は考えますしね。

 

 

ではでは、つまり就活イベントには目的意識を持って参加しないといけないわけで。

地方の就活生は、ここまで話して分かってもらったとおり、ネットサーフィンのが効率良く企業と出会えるから心配しなくていいよということです。

 

では、それでも就活イベントに参加するぜよ!という人は、いったいどんな目的意識を持って参加すればいいのでしょうか。

 

 

バシッとお答えしますね。

 

 

それはたった2つです。

 

 

 

 

 

・ネットサーフィンよりも効率よく情報や人脈を得ることを目的とする。

・ネットでは経験できない体験を目的とする。

 

 

 

これだけ!

 

つまり、ネットを駆使するよりも有効な場合のみ、就活関連のイベントには参加すべきだ!ということです。

 

 

例を出しますね。

食品業界の知識を身につけたいとします。

そこで「食品業界を知ろう!」という内容の就活イベントを見つけたとしましょう。

 

このイベントが食品業界の説明だけをする内容であれば、それはネットで代替できますよね。グーグル様で『食品業界とは』で調べるだけですw

 

しかし、このイベントの内容が様々な食品業界に勤めている人が実際に参加し、質問に答える!生の話や、自分の知りたい質問が聞ける!といったネットでできない内容であれば、参加する意義があります。

 

更には、そこで人脈もできるようであれば(自分から声をかける勇気があれば)参加するのは有効ですよね!

 

これが一つ目の『ネットサーフィンよりも効率よく情報や人脈を得ることを目的とする。』という目的です。

 

 

 

 

では二つ目の『ネットでは経験できない体験を目的とする。』というのはどういうことか。

 

これは簡単ですよ!

面接の練習が実際にできたり、模擬グループディスカッションが体験できるようなものです。

ネットでは当然できないことなので、参加する意義はありますよね。

 

 

 

このようにネットではできないことが可能になるイベントに僕は参加をおすすめします。

 

何から何まで就活に関係するから参加する!というスタンスの人は、自分で考えたり効率を考えないダメ人間予備軍ですので、注意しましょう!!

 

 

以上!就活マンがおすすめする就活イベントの参加基準でした。

 

 

今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!