就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

カフェにて『就活中の3年生』と『就活支援をしているという男』の話を盗み聞きしてみた。

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

 

 

皆さん、こんにちは!
最近マンガ『キングダム』にハマり過ぎて将軍気取りで過ごしている、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20171107112200p:plain

今日のタイトル。長々しくてごめんなさい。

昨日カフェに行って仕事してたんですね。

 

 

すると、横の席に大学3年生の女子と、28歳の男性が座りまして...

 

 

大学3年生の女子はこれから就活を始めるみたいなんですよね。

 

マッチャーという就活アプリで二人は出会ったとのことで、こんな会話を繰り広げていました。

 

「初めまして!これから就活を始めようと思っていて、自己分析をしているんです。マッチャーを使って色々な人と今は会って、話を聞いているところです!」

 

「こちらこそ、はじめまして!僕は今28歳で、就活の支援や企業の人事にアドバイスをしたりする仕事をしています。」

 

 

どんなけ盗み聞きしてるんだよ!!っていうクレームはFacebookまで。

 

 ここで僕は思った訳なんですよ。

 

この男うさんくさ!!
もはやシュールストレーミングばりに臭い!

 

なと。

 

 

見た瞬間から使えなさそうな匂いがぷんぷんしていました。

 

そんな28歳男性に女子は、自己分析をしている内容を見て欲しいと頼み、ノートを取り出しました。

そこには付箋がずらり。

 

どんなけ盗み見てるんだよ!!っていうクレームはFacebookまで。

 

男性はこのノートを見ると、「うんうん。」とうなずいていました。

 

 

うんうん。じゃねーよ、何か言えよw

と思いました。

 

 

これに女子は「どうでしょうか?」と聞くと、

 

「ん?何が??」

 

 

おい!何を見てたw

 

女子はたまらず、「この自己分析ノート見て頂いてどう思いましたか?」と言います。

 

 

 

「いいと思うよ!」

 

 

 

 

 

もうここからの会話はひどいものでした。

 

 

隣に、就活攻略家がいるよ。と手を差し伸べたくなるぐらいの無駄な時間をその女子は過ごしていた訳です。

 

 

とにかく可哀想でした。

 

 

しかし、この出来事を通して一つの教訓を得ることができましたね。

 

 

 

 

『自分が教えを乞う人は、しっかりと選別しなくてはいけない。 』

 

 

という教訓です。

 

 

 

この女子が例えば、この男性との関係をすぐに切って、次から教えを乞うことをしなければ、不必要な情報を排除することができ、そこまでのマイナスにはなりません。

 

しかし、この男性が教える糞くだらない就活論を鵜呑みにすれば就活の成功率は格段に下がると、聞いていて把握することができました。

 

 

就活だけではありませんが、何事もだれから教わるのか。

その見極めが重要です。

 

 

どんな有名スポーツ選手も、そのコーチは優秀です。

糞の教えから、優秀な技は生まれないのです。

 

 

 

それは就活でも言えることだと、思っています。

 

 

 

だからと言って、別に僕の就活論を全て鵜呑みにしろという訳ではなく、

僕のことを含め、大学のキャリアセンター、身近な親戚、出会った社会人...

すべての人を選別するべきだと思うのです。

 

 

「この人についていきたい!」 

 

そう思える人を選別する目を養い、人生の成功確率を上げていきましょう!

 

 

それでは! 

今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!