就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活においてスタートの明暗を分けるのは『戦略』だ。

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

 

皆さん、こんにちは!
対人関係において一番重要なことはやはり『笑顔』だと100冊のコミュニケーション本を読んだ上で原点回帰した、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20171026124832p:plain

あと数日で11月に入るという中、新規のブログ閲覧者が9月に比べて3倍に伸びてきました。

去年のこの時期もブログを書いていたのでよく分かるのですが、11月、12月から動く人はそれでも少数です。

3月に入った瞬間に、このブログの閲覧者数が10倍になることからも、それは明確でしょう。

 

そんな中、この時期に僕のブログを読んでくれている皆さんに、ぜひお伝えしたいことがあって今日はブログを書いています。

 

それこそ、本日のキーワードに書いた『戦略』の重要性です。

 

 本日はこのことについて書いていきます。

 

 

最近、「就活のスタートダッシュが遅い人と、早い人って何に差があるのかな?」と考えてまして。

 

行動の遅い就活生の特徴は『何をすべきか分からないからしない』という人だと結論が出た訳なんですよ。

 

ちなみにこういう人は底辺です。笑

例え親が自営業でも、その代で潰すタイプの人ですね。笑

 

 

分かりやすいように、就活における行動の早さと就活の成功率を考慮したピラミッドを作ってみました。

就活において早く行動し、成功する人をピラミッドの頂点に持ってきた図です。

 

f:id:shukatu-man:20171026130528p:plain

 

 

 

まず第一に、就活において成功するタイプの人は

『何をすべきか戦略を練って行動しており、その戦略が正しい人』です。

 

こういう人は例え、東京大学の学生だとしても一握りです。

東大ブランドにあぐらを掻いて就活で失敗しまくる人が多いことからもわかります。

 

しかし、例え中堅大学の学生でも『自分にとっての就活の成功』とは何をか考え、逆算して早くから行動をするタイプの人は最強です。

 

 

そんな人達の思考回路はこんな感じ。

 

「自分にとって、やっていて楽しいと思える職種につき、働いている人が生き生きしている職場で働くことが就活の成功だ!」

として、

「そのためにインターンシップで実際に様々な職種を体験して、同時にその企業の職場環境も確認しよう」とインターンシップという行動を突き詰める。

 

 

こんな感じです。

 

 

まず“明確な”ゴールを設定してから、その実現のための行動を設定することが『戦略』です。

 

 よく勘違いしている人がいますが、ゴールが曖昧な場合、それに伴う計画は戦略ではありません。

 

それは単なる自己満足です。

 

ピラミッドの2番目に、「行動しまくる人」がきている理由はここにあります。

「何をすべきか戦略は練って行動しているが、その戦略が的外れな人」は、行動しまくる人よりも就活の成功率は低い。

もはや人生全体としても行動しまくってやるぜぇええええええええ!!!タイプの熱血マンには負けます。

なぜかと言うと、ゴールが不明確で曖昧ゆえに、設定する計画も微妙。よって考える時間だけ無駄に消費してしまう。

すると行動しまくる人に、経験値で負けるのです。

 

 

ちょっと難しいかもしれないので、簡単に言うと、ゴールを明確にしないと戦略じゃないし、無意味だぞ!ということです。

 

就活において言えば、しっかりと『自分にとっての就活の成功』を定義することが第一優先だからね!ということです。

 

これは結構、自己分析に含まれる内容なので自己分析からスタートすることはあながち間違いではないのです。

※モチベーショングラフとか、自分年表とかは『自分にとっての就活の成功』を定義することと無関係なので、まじで意味ない。初期には絶対やるな。

 

 

まだ10月だからといって何もしないのではなく、11月上旬までには『自分にとっての就活の成功』を明確化できるよう考え抜きましょう。

 

ゴールを正しく設定するだけで、他9割を圧倒することができるのですから。

 

 

それでは、今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!