就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【5分で作れる!!】学生時代に最も打ち込んだことの書き方解説!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

皆さん、こんにちは!
石の上にも三年っていうけれどどんな石(どんなこと)に乗る(取り組む)かも重要だよなとたまには真剣なことを言いますでお馴染み、就活マンです。

 

 

f:id:shukatu-man:20170915072039p:plain

 

学生時代に打ち込んだことがない!と言う人に物申す。

 最近とにかくこんな質問が多いです。

 

「学生時代打ち込んだことがない!!です。」

 と。

 

この学生時代打ち込んだことに関しては、過去何度も書いています。

裏を返せば、それだけ重要だと言うことなんですよね。

 

 

学生時代に打ち込むことで書くべきは、

とにかく「何を」ではなく「なぜ」です!

 

 

こちらの記事が参考になるので、ぜひ読んでください。

shukatu-man.hatenablog.com

 

学生時代に打ち込んだことは「早起き」です。

それでですね。

今回はタイトルにあるとおり、学生時代に打ち込んだこととして『早起き』について書くことを提案したいと思っています。

 

学生時代打ち込んだことの答えは9割の人がバイトかサークルなんですよね。

 

ここが超重要で、9割の人と同じことを言ってても差別化できないですし、そもそも面接官の記憶に残りにくい。

 

だから、バイトやサークル以外のことを言いましょうと。

こうずっと言い続けているわけです。

 

 

そして、バイトやサークル以外に何を言おうと考えた時に、

学生時代打ち込んだこととして「早起き」について書く人は皆無

だと思ったので、提案してみたいと思います。

 

 

早起きを意識している人であれば、誰でも「学生時代に打ち込んだことは早起きです」と答えられますよね。様々な人が使えると思うので参考にしてみてください。

今まで遅かった人も、今日から早起きを意識すれば嘘にはならないですよ。笑

 

では、ここで早起きについて考える前に重要なことを復習しましょう。

それが、とにかく「なぜ?」を追求することでしたね。

 

下記の記事で紹介した『圧倒的なぜ』の技術を使います。

shukatu-man.hatenablog.com

 

「なぜ?」と問い詰めてみる。

 

なぜ?と繰り返し続けることで、

例え、打ち込んだことが早起きでも非常に考えが深く優秀だと面接官にアピールすることができます。

 

 では早速始めましょうか。

 

なぜ早起きに打ち込んだのか?」

 

A.「朝の時間を有効に活用するため。」

 

なぜ朝の時間は有効に活用できるのか?」

 

A.「朝は脳の疲労が一番少なく、創造性や記憶に優れているから。」

 

なぜ朝の時間を有効に活用したいのか?」

 

A.「脳に疲労のない最もフレッシュな時間を使って、読書によって教養を身につける習慣を作るため。」

 

なぜ効率的な作業を求めるのか?」

 

A.「人生の時間は限られており、せっかく大学4年間という自由な時間を持っているのだからそれを1秒でも将来のためになることに使いたいから。」

 

・・・などなど。

 

 

こうしてなぜを追求すると、簡単に学生時代になぜ早起きに打ち込んだかを話すことができます。

更に、こうして多くのなぜを追求することで、面接で何を聞かれようが答えることができるんですよ。

 だって、面接官からの質問って「なぜ?」ばかりだから。

 

面接官から『なぜ?』と聞かれる前に、自分の中でも『なぜ?』を追求しているのですから当然答えられるんです。

 

 

面接で質問に答えられない人は、別に話すのが苦手なわけじゃない。

 

例えば、究極のオタクの人だって、恋愛に関する質問にはムズムズするだけで答えられないかもしれないけど、アニメに関する質問だったら一瞬で答える。

 

それはアニメに関して、常日頃から『なぜ?』を繰り返して自分の中の考えを深めているからなんですよ。恋愛に関しては考えていないわけです。

 

この『なぜ?』の最強さと言ったら、

就活の成功を左右する程です。

 

 

 

今回お話した、「早起き」以外でも本当になんでも打ち込んだこととして話すことができます!

 

ぜひ自分が少しでも打ち込んだな!大切にしてきたな!という行動があれば、『なぜ?』を繰り返して、誰にも負けない考えを持ってくださいね。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加