就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

面接では”変わりにくい能力”をアピールしよう!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

皆さん、こんにちは!

「集団面接で話長い人、だいたい落ちる。」

どうも!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170914203310p:plain

 

本日は面接で、変わりにくい能力をアピールすることの重要性をお話します。

 

スマホアプリのとある記事で、就活生の能力には、『変わりやすい能力』と『変わりやすい能力』があるとの記事を目にしました。

 

これ、すごい重要だなと思った訳ですよ。

 

 

変わりやすい能力としては、

『リスクに対する考え方(リスクがとれるか)』、『経験』、『コミュニケーション力』など。

 

変わりにくい能力としては、

『粘り強さ』、『野心』、『情熱』、『エネルギー』など。

 

そう記載されています。

 

たしかに、以前マイナビの調査を元に、内定を取りやすい人材の特徴について話した際に、『情熱』は非常に重要視されていました。

以下の記事を参照ください。

 

shukatu-man.hatenablog.com

 

この記事の受かる人材の特徴に書いたとおり、まさに情熱・企業理解(つまり企業への理解をはかるエネルギー)・将来展望の有無(野心)がある人というのは企業に評価されるのです。

 

つまりここで言う“変わりにくい能力”を企業は面接などを通して重要視していると言えますよね!

 

 

 

ちなみに変わりやすい能力がなぜ変わりやすいのかと言うと、『言語化できるから』とのことでした。

つまりコミュニケーション力という変わりやすい能力は、例えば「もっと目を見て話そう」「雑談力をつけよう」「笑顔を意識しよう」とコミュニケーション力を上げるための手段が言語化できるのです。

 

それに対して、情熱や粘り強さはたしかにどうすれば伸ばせるのか曖昧ですよね...。

 

 

よって就活における能力のアピールは、できるだけ『変わりにくい能力』つまり言語化できないような能力をアピールする方が効果的かもしれませんね!

 

 

ではでは!

今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!