読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

企業探し vol.11 -『業界ってどう調べるの!?』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170510141928p:plain


今日は久々に企業との商談を行ってきました。

商談 しょうだん
お得意先・見込客などに対して、商品・サービスの取引を納得してもらうための交渉、相談の場。営業活動には欠かせない。
(引用:コトバンク https://kotobank.jp/word/商談-178632)

 

もしあなたが営業になって、企業と会って話をすることを“商談”と言うので、

ぜひ覚えておいてくださいね!


ちなみに僕が食品メーカーで働いている際は、企業との商談をメインにおこなっていたんですよ。
食品メーカーの営業って聞くと、消費者に営業をするイメージですが、むしろ消費者とは一切関わりません。

例えばコンビニの本社に行って、新商品の紹介をしたり、
「この商品売れているから採用してくれよ!」なんて話をするんですね。
ちなみにこれを『BtoB』と言います。
『Business to Business』の略でして、『企業と企業のやりとり』という意味です。

 

合わせて、『BtoC』という言葉は、『Business to Customer』といって、『企業と消費者のやりとり』のことを言います。
例えばスーパーは、『企業と消費者でやりとりをする』ため、『BtoC』。
スーパーと食品メーカーは、『企業と企業でやりとりをする』ため、『BtoB』です。


あ、なんか冒頭から教養盛りだくさんすぎて、頭痛くなってきましたか。
すみません。笑


しかしながら、こうした知識は持っておくと非常に便利なので少しずつ少しずつ覚えていきしょうね!
僕のブログでも使える用語は紹介していきますので。

 

では、本日の本題に入っていくのですが、
先程話したBusiness。つまり企業に関して、皆さん日本に何社ほどの企業が存在すると思いますか。

 


400万社ですよ!

こりゃやばい数ですよね。


一口に企業と言っても、400万社もあれば分類でもしないとどんな企業があるのか把握できません。
ましてや自分が入りたい企業なんて分かりませんよね。

これ、ポケモンみたいなもんですよ。
ポケモンでさえ600種類ぐらいいるでしょ?

だからタイプごとにわけますよね。炎・水・草・ゴースト…みたいに。


ポケモンと同じように企業も、タイプで分けましょうよ。
食品・自動車・アパレル・不動産…みたいに。


この企業をタイプごとに分けたものを“業界”と言うんです。
なんとなく理解できました?

ちなみに今就活をしている人も、業界に関してはしっかり理解するべきです。
遅くありません。


今日はこの業界を理解する手段をお話したいというのが趣旨でして。
業界を知って、自分がどんな業界に興味があるかを知って欲しいんです。

先程、今就活をしている人も遅くないと言った理由なのですが、
現在選考をしている企業の業界を知ることで、その企業がどんなことをやっているのかを理解することができます。
また、競合他社ではどんな企業があるのか、また競合他社どうしでどんな違いがあるのかを把握しておくと、「なぜ競合他社ではなく、自社なのですか?」という質問にも答えやすくなります。


最後少しむずかしい話でしたが、要は『どんな業界があるのか知って、業界ごとにどんな企業があるのか知っておくれ』ということが伝えたい訳です。

 

 

 

では、具体的な手段をいいますね。
最も効率的な手順だと自負しています。

 

1)業界地図を見て、どんな業界があるのかざっくり知る。

f:id:shukatu-man:20170510142204p:plain

(画像引用元:amazon :https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%A5%AD%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3-2017%E5%B9%B4%E7%89%88-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE/dp/4532321034)

 

2)興味を持った業界について専門書を読む。(選考中の企業が属している業界の専門書を読む。)

f:id:shukatu-man:20170510142118j:plain

 

以上です。

 

めっちゃシンプルでしょ。
ネットとかで業界を調べようとすると、色々出すぎて意味分からなくなるんですよ。
だから業界を知るためにはこの2ステップだけでお〜け〜!

あとは実行あるのみですからね!!!!

 

あっ。ちなみに業界を知っておくことは一生役に立ちますよ。


それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!

 


★就活の質問はこちらのメールまで!(お問い合わせ先)
tomoya.fujii1110@gmail.com
 ⬇
【こんな方にオススメ】
 “ESの添削をして欲しい”
 “面接のコツを教えて欲しい”
 “就活マンのイチオシ企業を個人的に聞きたい”
※もちろんすべての相談への回答は無料で行います。