就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活で不採用になる理由|「適性」と「志望度」がすべてを決める!!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・就活の選考にて不採用になる理由が知りたい

・不採用にならず選考を通過するためには何が必要かを知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!小学生時代の一番好きな遊びは氷鬼でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181017092936p:plain

本日の記事では、たまに就活攻略論で発言している「適性」と「志望度」の重要性をまとめます。

またこの「適性」と「志望度」の重要性を知れば、選考において不採用になる理由を知ることができるのです。

 

ほとんどの就活生は不採用になった時、ただ「辛い」「自分は能力がない」と自らのことを否定します。

しかしそれは本当に無意味な行為。

なぜなら企業が不採用と判断する理由は、別にあなたの人間性を否定しているからではないからですね。自信をなくすのはそれがわかっていない証拠です。

 

今から就活を始める人も、もう就活中の人にもこの言葉を捧げましょう。

 

「彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず」

 

これは昔の中国の兵法書『孫氏』にある名言です。

その意味は、「自分の状況と、相手の状況をきちんと把握していれば、必ず勝てる」

つまりはなぜ企業が不採用を出すのかという相手の状況を把握し、自分自身のこと(面接での発言など)を把握すれば就活では必ず勝てるということ。

 

よってこの記事にて企業(つまりは“彼ら”)のことをすべて教えます。

これであなたは就活において「百戦してあやうからず」の状況に一歩近づくでしょう。

 

いざ、就活という名の戦場へっ!!!!(武将気取り)

 

就活で不採用になる理由

 

では早速ですが、就活で不採用になる理由をお伝えします。

それは、「適性」と「志望度」どちらかの高さを企業にうまく伝えることができないからです。

この二つのどちらか一方が欠ければ、よほどの人手不足企業でない限りは不採用になるんですよね。

では一つずつ解説していきます!

 

不採用になる理由① 「適性」が高くない

 

まず最初に「適性」とはどういう意味でしょうか。

適性とは、「性質・性格が、その事に適していること」を指します。

つまり「あなたの性格が、その企業に適している場合」に適性が高いと言いますね。

 

では適性が高くないとはどういう状況なのか。

例を挙げます。

 

あなたは営業職を志望して株式会社Aへの入社を志望しています。

あなたは「非常におしゃべりで明るい性格」を持っています。

だからこそ、営業職として活躍する絶対の自信を持っていました。

 

しかし、実は株式会社Aは「従業員のほとんどがおとなしい性格で、営業の仕方は基本的に“顧客の話を聞く”ということを大事にするスタイル」です。

 

あなたは株式会社Aの面接を受けました。

面接の手応えはバッチリです!!

しかし結果は不採用。

 

これを読んだあなたは、なぜ不採用になったか分かるよね??

 

そうです。

株式会社Aの営業職として「適性」の高い人材はおしゃべりな人ではなく、聞くのが上手な比較的おとなしい人だったのです。

 

もちろんおしゃべりで明るい性格の人の方が、営業職として活躍するのでは?と思うかも知れません。

しかし、それはその企業が扱う商品だったり社員の人の性格によります。

つまり同じ営業職といえども企業によって異なるのです。

 

ここで重要な視点は、別にあなたは「営業ができなさそう(=使えない人間)」という理由で不採用になったのではなく、“株式会社Aには”合わなかっただけの話だということ。

 

これこそが、不採用になる一つ目の理由「適性」の高さです。

イメージが掴めましたか?? 

 

不採用になる理由② 「志望度」が高くない

 

次に不採用となる理由は「志望度」が低いと判断された場合です。

志望度とは、「その企業に対しての入社意欲・志望意欲」を指します。

つまり「あなたが心の底からその企業に入社したいと考えていること」が志望度が高いと言いますね。

 

この志望度の難しいところが、

自分がどれだけその企業に入社したいと思っていても、それが相手(企業)に伝わっていなければ意味がない

という点にあります。

 

よくこんな質問を受けます。

「志望順位を聞かれた時に正直に答えるべきですか?」と。

はっきり言いましょう。

「5位です。」と答える人に対して、志望度の高さを感じるわけないですよね?

 

嘘をつけと言っているのではなく、志望するすべての企業を第一志望だと思っておけばいいんですよw

 

あなたが愛する女性に対して、もし心の底から愛していようが、「愛しています」という言葉や態度がなければ、つまり相手に伝わっていないのであれば、相手からしたら自分のことを愛していないのと同義です。

 

とにかく志望度の高さをアピールするための方法は考え抜いてください。

ここに関してはいくら考えても足りない部分です。

 

逆に僕は面接の前なんかは、いかに志望度の高さを伝えられるのかを寝る前に考え尽くしていました。

その成果もあり、二次面接以降に進んだ企業では一社も不採用になっていません。

 

志望度の高さを、いかに相手に伝わるよう工夫ができるのか。これを考え抜ける人は就活では最強よ。

  

なぜ企業は「適性」と「志望度」を重視するのか

 

ここまで話せば、適性と志望度の重要性に関してはわかってもらえたでしょう。

しかしなぜこの2つが不採用の理由となるほどに企業は重視しているのか。

あなたには分かりますか?

 

それは一言で言うと、“退社しやすさ”に繋がるのです。

 

適性が低い場合。志望度が低い場合。

このどちらも“退社しやすい人材”となるのです。

 

まずは適性が低い場合。

先程の例で出した、おしゃべりで明るい営業職志望の人が、おとなしい人ばかりの企業に入社したらどうなるのか。

「俺はこの会社の人達の性格を変えるんだぁ!!!!!!」という若干やばめな人でない限り、「あいつは鬱陶しい」「あいつの営業スタイルは合っていない」と周りから陰口をされたりして、次第に居場所がなくなります。

 

次に志望度が低い場合。

これは簡単で、入社してから少しでも嫌なことがあれば速攻でやめるでしょうね。

しかしもし「この会社にはいるために生まれてきたんだ!」という志望度の高い人物であれば、少し辛いことがあってもやめないですよね。

 

そもそも企業が中途採用でなく、新卒を雇う理由は、自社に染まった人をイチから生み出すためなのです。

中途採用であれば、前の会社に染まりきっているので、自社に染まった人は作れない。

そこでまだ就職したことのない新卒を採用することで、最終的に自社に染まった人材として将来的に会社を引っ張っていってくれる人材を作りたいのです。

企業が新卒を雇う理由は、自社に染まった将来的なリーダーを作りたいから。(そうじゃないなら、育てる必要のない中途採用や第二新卒を雇うでしょ。)

そして将来的なリーダーに育て上げるためには、最低限の条件が存在します。

それこそが『退社しないこと』なのです。

 

退社してしまっては、育つものも育たない。

退社しないことが第一条件になるのです。

 

ここを把握していない就活生は、自己PRで必死に『能力』をアピールします。

しかし、そんなものは中途採用に絶対に勝てません。

新卒がアピールすべきは『適性』と『志望度』なのです。

 

不採用にならないための戦略

f:id:shukatu-man:20181024151753p:plain

 

不採用にならない人材は「適性」と「志望度」の高さを伝えられる人物です。

 

僕が偏差値50の中堅大学から、内定22社獲得した理由はここにあるでしょう。

だって、僕ってTOEIC350点とかですよ?

それでも東大生が不採用になりまくる中で、大手食品企業の内定を獲得しました。

 

最高でしたね。親の金をじゃぶじゃぶ使って、勉強ばっかしてきた東大生を圧倒するあの感覚。

 

勉強だけしていれば幸せになれるなんて幻想だよw(就活マンの裏の顔)

 

これを読む就活攻略生の皆さんにこの感覚を味わってもらいたい。

よってこの記事の最後に「適性」と「志望度」の高さを企業に伝えるための戦略をご紹介していこうと思います。

 

「適性」の高さを伝える戦略

 

まず適性の高さを伝える戦略をお伝えする上で、重要なことをお話します。

それは、

適性に関しては嘘をつくと後々、後悔するよ!

ということです。

 

適性っていうのは、むしろありのままの自分を企業に伝えることで“企業側に自分が合っているのか判断してもらう材料”なんですよね。

 

つまりは「俺ってさ、お前の会社に合ってると思う?」って聞くことが重要なんですよ。

それで合っていないと言われた場合は「そっか!事前に教えてくれてありがとな!」となるだけですよね。

 

ここで適性の高さを自分を偽ってアピールしようとすると、確実にバレます。

よって、適性の高さを伝えるための戦略は、あえてありのままの自分をさらけ出すことになります!!

 

ありのままの自分をさらけ出すための最強ワードを紹介しますね。

「こう見えて実は◯◯なんですよね」

心理学で言う、“自己開示”というテクニックです。

自分から自分のことをさらけ出していくことで、相手はあなたのことを理解し、心を開きます。

そうすることで面接官はあなたのことを信頼し、理解したと錯覚します。

あなたのことを深く理解したと錯覚した状態で、「この子は自社に適性が高い」と判断されれば確実に面接で通過します。

「周りからは◯◯と言われます」

これは“客観視”を取り入れたテクニックです。

面接で自分は◯◯です!自分は◯◯だと思います!とほとんど、主観的な目線で話すと思いますが、「周りからは◯◯と言われますね〜」といった感じで客観視を入れることで説得力が増します。

この二つを使いこなすことで、自分のありのままを把握してもらいましょう。

適性に関して一番だめなのは、そもそも緊張しすぎて面接で自分のことが何も伝えられないこと。これは問答無用で不採用。

次に自分を偽ってしまい、内定はもらったものの入社後に速攻退社する。これでは就活を努力した意味がありませんからね。

 

「志望度」の高さを伝える戦略

 

では次に、「志望度」の高さを伝える戦略を紹介しましょう。

 

おっと!ここは俺に任せろ。超ブラックな方法を紹介するぜぇ!

 

まずは途中で少し話した方法。

「弊社の志望順位は、他社と比べて何位ですか?」という質問をされた場合は、全社に対して「はい!!一位です!!」と答えよう。

 

浮気相手にも、「本当はお前が一番だよ!」と答えるんだぜぇ!!

 

次に、面接が終わったら速攻でお礼メールを送ること。

ここで工夫のできない中途半端な人は、普通に「ありがとうございます」と送ってしまう。

 

それじゃ足りない。

 

こんなメールを送ってしまおう。

 

株式会社△△ ◯◯様

(面接官の名前を忘れていたら、「株式会社△△ 人事部 御中」でよし)

本日面接させて頂きました◯◯大学の◯◯です。

本日はお忙しい中、面接のお時間をとっていただき、

誠にありがとうございました。

 

面接を終えて、一息ついたのですが、まだ貴社への熱い思いが冷めずに困っております。

私が貴社を知り、「ここで働きたい」と考えてからこうして選考に参加させている状況に感動してもし切れない思いで一杯です。

連日の選考、非常に大変だとは思いますが、

ぜひ今後とも宜しくお願い致します。

 

◯◯大学 ◯◯学科

名前

メールアドレス

電話番号

 

はい、イチコロです。

そもそも大学生からしたら、これは媚を売っていると思うでしょう。

しかしビジネスの世界では当たり前です。

相手への敬意を恥ずかしがらずしっかりと伝える。

これができてこそ一流だと僕は思っています。

 

恥ずかしがって行動しないよりも、ここまでの行動をしてしまった方がいい。

このメールを全社、全面接で送信しましょう。

 

これを送って落とされた会社は、こっちから願い下げしてやれっ!!

 

本日の記事はいかがだったでしょうか?

就活で不採用になるのには理由があります。

その理由を把握し、対策を死ぬ気で考え抜く。

そしてやれることはすべて恥ずかしがらずやり抜く。

 

就活攻略生のみんなが、志望する企業からの内定を獲得することを心から祈ってます!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!