読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

お祈りメール研究 vol.3 -『内定ゼロの場合どうするのかを決めておけ』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。
 

今日は朝からジムへ行き、鍛えてからのジャグジーでまったり。

 
 
最高ですね。
 
 
 
そして外に出ると快晴。
 
 
 
またまた最高。
 
 
 
こうして小さなことに幸せを感じることができるのは、
絶対的に“好きなことをして生きているから”だと思います。
 
 
 
 
こうして就活生の支援をしながら、
毎日成長するために本を読んだり、ネットで調べ物をしたりすることが
本当に楽しい。
 
 
今日読んでいた本にも書いてあったんですが、
『人はハマったことには熱中し、いつの間にか圧倒的に成長している』と。
 
 
 
人は楽しいから時間を割きます。
 
頑張ります。
 
すると、気づいたらめちゃくちゃ成長してるんです。
 
 
 
 
 
これは就活でも一緒だと、
僕はこのブログを通して伝えたい。
 
 
就活を楽しんでる人は、SPIにしてもESにしても面接にしても頑張れるんですよ。
人が遊んでいる間に、楽しんで就活をしている人にかなうわけないでしょ。
 
 
就活は辛いものだと、
先輩達は言うかもしれません。
 
 
しかし、それは正解ではない。
 
 
 
 
 
僕のブログは、皆さんに楽しんで就活をしてもらいたい!!
そんな思いから生まれたものです。
 
 
 
 
 
「このブログでなら、手軽に楽しく就活に関して知れるなぁ♪」
 
そんな風に思ってもらいたいんです。
 
 
 
 
 
 
うん。これからも頑張りますので、
皆さんも一緒に“楽しんで”就活をしましょうね!
 
 
 
 
 
楽しむための就活につながるような内容に
今日もなっています!
 
 
 
 
 

f:id:shukatu-man:20170425165810p:plain

 
 
 
 
 
 
昨日のブログでは、不採用となった際に
どうして落ち込んでしまうのか。
 
そんなことに関して書きました。
 
 
 
理由としては以下の2点ですね。
 

f:id:shukatu-man:20170424185528p:plain

 
昨日のブログでは、「人間性が否定されたと思ってしまう」ことに関して書きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日のブログでは、『すべての企業で落ちたらどうしよう』と思ってしまうことについて書いていきます。

 
 
 
就活生は就活に関して、多くの不安を持っているかと思いますが、
僕が就活生の頃は、そんな不安を感じることはありませんでした。
 
 
 
 
 
その理由として、“もし内定ゼロでもなんとかなる”という精神があったためだと断言できます。
  
 
 
 
 
単刀直入に言うと、
「受けた企業すべてから内定を貰えなかったら、1年就職浪人してアルバイトしながら、本を読みまくろう。」
 
 
こう決めていたんです。
 
 
 
皆さんは、就職浪人という言葉を聞いて、
マイナスのイメージを持つ方がほとんどだと思います。
 
 
 
 
しかし、そのマイナスイメージがどこから生じているか分かりますか?
 
 
 
 
大抵は、「来年の就活に不利になる」「1年間社会的な立場が弱い」「他人からの目が気になる」
 
 
そんなことでしょうね。
 
 
 
 
 
うん。間違ってるよ、それ。
 
 
 
 
 
 
 

就職浪人は来年の就活が不利になることなんてありません。

 
不利になるような人は、1年間何もせず、ただアルバイトだけして成長しなかったような人のみ。
 
 
“就職浪人している1年間で目標を決め成長する。”
それができれば、来年の面接では1年間してきたことを素直に伝えれば良い。
 
これで不利になることなんて、ほとんどありませんよ。
(そんな偏見で不採用にするような企業はやめちまえ。)
 
 
 
 
次に社会的立場ですが、1年間社会人になるのが遅れただけで
給料にも差は出ないですし、そもそもそんなことを言っていたら、
大学で浪人した人や大学院生はどうなるんですか。笑
 
社会人になるのめっちゃ遅れてますからね。
 
 
 
1年間アルバイトで稼いでも、社会人になって稼いでも、
給料はそんなに変わりません。
 
 
 
 
 
 
 
このように、もし就職浪人してもやることを明確にしていれば
気楽に就活することができる
 
 
 
この“気楽に”と言う言葉は一見ダメに聞こえるかもしれませんが、
気楽に就活することと、手を抜くことは全く違います。
 
 

f:id:shukatu-man:20170425165838p:plain

 
 
 
 
気楽に就活することで、
面接でも変に緊張することがありません。
 
 
 
すると会話もスラスラとできますし、
ESでも「面白く目立つような内容を書こうかな!」なんていう余裕も生まれます。
 
 
 
 
 
僕が集団面接(何人かで同時に面接すること)で、
隣で受けた男性は、緊張しすぎて質問に対する答えが
めちゃくちゃ長かった。
 
すると、面接官から「もっと短めに回答はお願いします」と注意が。
 
しかし、その男性は余裕がないのか、次の答えも長々と話すんですよ。
 
 
 
 
面接が終わって、その男性に聞いてみると
「内定がまだゼロで、面接で焦ってしまう」と。
 
 
 
 
 
 
もう、こうなってくると最悪なパターンで良いことは何もない。
 
 
その男性とそのままカフェに行き、
『もし内定ゼロだったらどう1年間を過ごして成長するか』をテーマに語り合いました。
 
 
 
 
 
 
すると面白いことに、彼は
「あれ?そんなに焦って緊張することもないな。」と言い出した。
 
 
 
 
気楽に就活することは凄いもので、
彼はその後すぐに内定を取りましたし、今でも良い友人です。
 
 
 
 
 
 
 
女性が余裕のある男性を好むように、
面接官も自然と余裕のある人に魅力を感じます。
 
 

f:id:shukatu-man:20170425165854p:plain

 
 
このことをぜひ頭に置いて、就活をしてみてくださいね!!
 
 
では今日はこの辺で!
 

f:id:shukatu-man:20170425165740p:plain

本日のブログ内容は、YouTube『就活マンチャンネル』でも公開中です。
(動画でも見ることで理解が深まりますのでオススメです!)

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
NEW!!
『東大卒にも負けない! “就活に使える”読書法 〜本紹介〜』

本日ご紹介する本はこちらです!

タイトル:7つの習慣
著者  :スティーブン・R・コヴィー


◇就活ではどう使えるのか?

この本では『Win-Win』という言葉を知ることができます。

このWin-Winとは、「お互いが幸せになること」を意味し、

例えば営業では自社の商品をお客様が購入し、満足してもらう。

 

すると「お客様も幸せになり、自分としても商品を買ってもらえて幸せ」という状態になりますよね。これこそが『Win-Win』の関係です。

 

面接でよく「どんな営業になりたいですか?」「将来どんな人になりたいですか?」という質問をされます。

その際に、この『Win-Win』という言葉を知っていると、「営業を通して、常にお客様とWin-Winの関係を作れるように、お客様の不満点をしっかり聞き、適切に解決していくような営業になりたい!」という答え方ができますよ。

 

このように本を通して、ワード(用語)を知ることで面接での答え方に深みが増すので、ぜひ活用してみてくださいね!

 
◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be

ーーーーーーーーーーーーーーー
NEW!!
『就活マンが“大学生のためだけに”配信するニュースブログ!』毎日AM更新! 
 
就活の質問はこちらのメールまで!(お問い合わせ先)
tomoya.fujii1110@gmail.com
 
【こんな方にオススメ】
 “ESの添削をして欲しい”
 “面接のコツを教えて欲しい”
 “就活マンのイチオシ企業を個人的に聞きたい”