就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活での不採用(お祈りメール)に関して考えてみる!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

皆さん、こんばんわ!就活マンです。


 

 本日からは新シリーズとして、『お祈りメール研究』をしていきます。

 

 

f:id:shukatu-man:20170423203408p:plain

 

 


お祈りメールとは就活で言うと、不採用を指します。

 

 

「弊社ではあなたを採用することができませんが、
今後のあなたの活躍を“お祈りしています”。」というところからきた言葉ですね。

 

 


このお祈りメールですが、
ほとんどの就活本やネット記事では
『その企業に落ちた理由を考えましょう』と書いてあります。

 

 

 

 


僕は就活をしたばかりなのでわかりますが、
1社ごとに落ちた理由を考えることなんてできません。

 

 

そもそも、なぜ落ちたかなんてことは分からないので、
それを検証しようにもできない。

 

 

 


更に更に、『落とした理由』なんてものは、
企業ごとに全く違います!!

 

 

これは求める人材が各社違うということからも分かりますよね。

 

 

 


これ、もっと怖いのがA社では「性格が暗いところが不採用の理由です。」と思っていても、B社では「性格がおとなしいので、自社に合っている」と正反対に評価される場合があるんですよ。

 

 


なので、まずは面接ではありのままの自分を出すこと!

そして一社ごとの不採用理由なんてものは考えなくて良い!

 

 


これが僕の考えです。

 

 


しかしながら、面接を終えた後すぐに
『うまく答えられなかった質問への対策をする』ことは可能ですよね。

 

 

「あの質問は全然答えられなかった。」

「もっとあの質問はうまく答えられたなぁ。」

 

そんなことがあれば、その日にすぐに答えを考える。

 


お祈りメールがきた際に何か対策をするのではなく、
面接後に対策をする。

 

その方が断然に重要なので、実践してみてくださいね!

 

 

では、本日はこの辺で!