就活マンの『就活専門ブログ』~みんなの就活の常識を変える!髪型やメイクは関係ない!〜

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

ベンチャー企業の短所・長所

(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」

 


最近、駅を歩いていると本当に多くの就活生を見かけますよね。
僕も就活中はあの真っ黒のスーツを着て、汗だくで就活をしていました。


疲れた顔をしている人もいれば、
楽しそうな顔をしている人もいる。

 


本当に就活って、人それぞれモチベーションが全く違う。

 

 

 

僕は大学在学中、ずっと就活のことを調べまくっていたので、
就活は楽しく行うことができたのですが、
(スーツは最悪でしたけど…。)


周りの友達は、皆「大変!大変!」と言って、
疲れた顔で就活をしていました。

 

 

 

やはり就活はいかに早く始めるかが重要だと思うので、
大学1年、2年の人にもこのブログを見てもらいたいなぁ。と切実に思う今日この頃でした。

 

 

僕のブログが大学1年生にも届くように頑張らないといけませんね!

 

 

 

 


では、今日も本題に入っていきましょうか。

 

今日はベンチャー企業出身の、のぎちゃんへのインタビュー内容となります。

 

僕が大手企業、のぎちゃんがベンチャー企業に対する話をすることで、
それぞれの良さを知ってもらうことが目的です!
大手には大手の、ベンチャーにはベンチャーの良さがあります!!

 


本日は、『ベンチャー企業の短所・長所に関して』です。

 

「ベンチャー企業ってここがいいよね!逆に悪いよね。」ということを語って貰いました。

 

 

 

ずばり、のぎちゃんが考えるベンチャー企業の良いところは、
『実践経験を積めるまでの速さ』だということです。

 

しかし、それは裏を返すと『基礎教育の浅さ』でもあるとのこと。

 


つまり、基礎的なことも実践を通して学んでいく。
そんなスピード感があるので、ベンチャーでは成長しやすい。

 

しかし、基礎教育が極端に少ないため最初は苦労することが多い。
メールの仕方から、電話のかけ方。
そんな基礎的なことは自分で試行錯誤して覚えろ!ということですね。

 

こうした“自分で基礎的なことは学びなさい”というやり方に合うのは、
何事にもストイックな人。
自分で学ぶ姿勢の強い人だと言います。

 

 


たしかに、基礎的なことが分からないまま
何も行動しないようなマイペースな人には不向きですよね。

 

 

 

しかし、少しでも早く成長したい!
自分で仕事の広い範囲を任されたい!という人にとっては最高の環境です。

 

 


僕は大手企業に入社しましたが、
同期の中でもマイペースな人は「大手で良かったぁ」と言っていますし、
逆に僕含めて少しでも早く成長したいという同期は1年目にしてやめていきました。

 

 

 

 

まとめますね!!

 


ベンチャー企業では、基礎教育が少ないため、
自分で学ぶ姿勢!少しでも成長を早めたい!という人には適した環境です。

 

しかしながら、基礎教育をしっかり受けてゆっくり成長していきたいという人は、
大手企業の方が合っていると思います。

 

 


そしてこの差はやはり、ベンチャー企業は即戦力として期待されている一方で、
大手企業では一人一人をゆっくり育てていこうという考えの違いによるものです。

 

 

大手企業では新入社員がすぐに頑張らなくても、
企業全体としてダメージを受けることはない。


しかしベンチャー企業では、新入社員の頑張りが
直接企業全体の利益に繋がるのです。

 

 

この違いをしっかり把握しておくことで、
ベンチャーに入社する心構えや、大手企業をなぜ選ぶのかという意思がはっきりしてくるかと思います!

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。


では、今日はこの辺で!!

 

 

 


(°》《°)/「僕のブログは毎日更新です!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

NEW!!

『東大卒にも負けない! “就活に使える”読書法 〜本紹介〜』

http://shukatu-man-book.hatenablog.com/


本日ご紹介する本はこちらです!

タイトル:『人を動かす』
著者  :D・カーネギー


◇就活ではどう使えるのか?

就活では、「コミュニケーションへの考え方」や「友人との関わり方」を伝える場面もあります。

(「友人との関わり合いにおいてどのようなことを大切にしていますか?」という質問もあります。)

このような際に、自分が“人との関わり合いに関して大切にしていること”を伝えるため、この本は重要な役割を発揮します。

人に好かれる6原則が書いてあるので、それをそのまま面接で話すことができますよ!

 

◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be