読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

面接の裏技 vol.6 -『学生時代に打ち込んだことの答え方〈決定版〉』

(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」

 

本日のブログ内容は、YouTube『就活マンチャンネル』でも公開中です。

(まずは動画を見て、その後ブログで解説を読んで頂くと効果的ですよ!)

 

www.youtube.com

 

 

 

昨日は同じく大学生とともに、
ビジネス体験を行っている企業の方々と飲みにいってきました。

 

同じような志や夢を持っている人達との飲みは、
最高に楽しい!

 

 

10回ぐらい「いやぁ~。楽しい!」って言いましたもんね。笑

 

 


ちなみに学生時代は、僕の学部は非常に飲みが激しく…
お酒の強い僕でさえ毎回記憶を失っててね。

 

 


後日泊めてくれた先輩が、
「藤井(就活マンの本名)。昨日俺の部屋のイスでズボン脱ぎだして、用を足そうとしてたぞ!」
なんて怒られたことがあります。

 

 

 

 

あー、楽しかった。笑

 

 

 

 

 

 

みなさん、くれぐれも先輩の部屋でう◯こはしないでくださいね?

 

 

 

 

 

はい、ではおふざけはこの辺にして、本題に入っていきましょうか!

 


昨日のブログでは、『難しい質問への答え方』に関して書きましたよね。
結論を言うと、難しい質問への回答は用意する必要はないということでした。

 

 


では、難しい質問への回答を考える時間があるなら、
重要なことに時間を使いましょうと、そうゆうことです。

 

 

 

その重要なこととは、
“超”頻出の質問への回答を、日々磨いていくことです。

 


この頻出の質問とは、以下ですね。

 

f:id:shukatu-man:20170418154555p:plain

 


これらの質問への答え方は、内容だけでなく鏡の前で何度も何度も練習してみてください。

 

 

し過ぎて損をすることはありません。

 


なぜかって?
絶対面接で質問されるからです。

 

 

 

これらの超頻出質問の中でも、
僕のブログでよく取り上げるのは『学生時代に打ち込んだこと』の答え方に関してです。

 

 

 


毎回ブログで言ってのとおり、
この学生時代打ち込んだことは超頻出質問であり、
めちゃくちゃ重要なんです。

 

 

それなのに、適当に考える人が多い。

「うーーん。打ち込んだことなんてないから、バイト書こっかな。」

 

こんな人ばかりです。

 

 


その結果どうなるのか?

9割の人が、バイトかサークルに関してのことを書きます!!

 

 


面接官は何百人の学生と面接しており、
“バイトとサークルの話は聞き飽きてます”!!

 

 

 

 

もう一度言いますよ?

 

 

 

 

 

“バイトとサークルの話は聞き飽きてます”!!

 

 

 

 

 

 


「またこいつも打ち込んだことバイトかよ。」

 

 

 

これが面接官の内心だと言うことは、
面接官の気持ちになれば分かりませんか?

 

 

 

 


ん?打ち込んだことがないのだから仕方ない??

 

 

 

 


そんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 


では発想を少し変えてみましょう。

 

 

 

『学生時代打ち込んだこと』という言葉を少しいじくります。

 

 

 

 

『学生時代常に大切にしてきたこと』こんなふうに変えてみましょうか。

 

 

f:id:shukatu-man:20170418154840p:plain

 

 

 

ニュアンスは一緒ですよね。

 

 

 


学生時代何を大切にしてきましたか?

 

 


例えば、“友達”と答える人がいますよね。

 

 


『私が学生時代大切にしてきたのは、友達です。』

 


では、これを打ち込んだ“こと”に戻してみます。

 

 

『私が学生時代打ち込んだことは、友達との信頼関係を大切にすることです。』

 

 

 


※ほら、バイトとサークル以外のことにも打ち込んでるじゃないですか。

 

 

 


就活生のみんなは、だいたい頭がカチカチになってます。


このように発想を転換してみてください。
柔軟に考えてみてください。

 


YouTubeチャンネルでも答えていますが、
9割の人がバイトとサークルのことを言うなら、
バイトとサークル以外のことを発言すれば目立てるんですよ!

面接官の記憶にもしっかり残る!!

 

 

ここが非常に大事です。

 

 


他にも、『学生時代常に大切にしてきたこと』を考えてみましょう。

 

 

例えば「基礎を大切にすること」なんて答えも出てきそうですね。

 

では、基礎を大切にするためには何をしましたか?

 


挨拶や、早起き、掃除なんかも基礎的なことだ。

 

 

 

これらすべて学生時代に打ち込んだこととして、
言うには十分すぎることです。実は。

 

 

 

 


『学生時代打ち込んだことは掃除です。』

 

『なぜ掃除に打ち込んだのか。』

 

『それは学生時代に基礎を大切にしてきたから。』


『なぜ基礎を大切にしたのか。』


『どんなチャレンジを行うにしても、基礎がしっかりしていないと、
大きなことを成し遂げることはできないと考えているため』

 

 


これだけ答えられれば、十分です!

 

 

 

その他大勢と一緒のようにバイトやサークルについて話す人よりも、
面接官の記憶に残り、評価される。

 

 

 


今日の内容は、非常に重要なので
何度も読んでみて自身の大切にしてきたことを確立してみてください。

 

最後、まとめて終わります!!

 

f:id:shukatu-man:20170418154816p:plain

 


それでは、今日はこの辺で!

 

 

(°》《°)/「僕のブログは毎日更新です!!」

NEW!!
『就活マンチャンネル』放送開始!

youtu.be

NEW!!
『就活マンが“大学生のためだけに”配信するニュースブログ!』毎日AM更新! 

shukatu-man-news.hatenadiary.jp

 

★S★H★U★K★A★T★U★

tomoya.fujii1110@gmail.com
⇒就活の質問はこちらのメールまで。

こんな方にオススメ↓
 “ESの添削をして欲しい”
 “自分に合った会社を知りたい”
 “面接のコツを教えて欲しい”

※連絡をくれた方から順番に回答しますが、
遅くても翌日までには返答させて頂きます!
(もちろん無料です!笑)

 

https://www.facebook.com/shukatuman
⇒就活マンのFacebookページです。

こんな方にオススメ↓
 “ブログの更新を知りたい”
 “就活マンが毎日配信するニュースを読みたい”
 “気軽に就活マンとメッセンジャーで話したい”

☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆