読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

のぎちゃんのベンチャー講座 vol.1 -『ベンチャー・中小企業の良さとは!?』


(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」

 

 


本日のブログ内容は、YouTube『就活マンチャンネル』でも公開中です。

(まずは動画を見て、その後ブログで解説を読んで頂くと効果的ですよ!)

 

youtu.be

 

本日の就活マンチャンネルでは、
僕と一緒に大学生の支援活動を行っている、のぎちゃんこと野木健士郎くんが出演しています。

 


以前のチャンネル放送開始の際にも自己紹介していますが、
のぎちゃんは僕と大学が同じで、4年間一番仲良しだった親友です!

 

 


僕は大手の食品メーカーへとすすみましたが、
のぎちゃんはブライダル関連のベンチャー企業へと入社。

 

そこでベンチャー企業の仕組みや良さをふんだんに学んでいます。

 

 

 

僕が大企業を知り、のぎちゃんはベンチャー(中小企業)を知る。

 

 

そうすることで、大学生の皆さんに大手とベンチャー両方の良さを知って貰いたいと思っています。

 

 

 

 

多くの大学生は、ほとんどイメージで大企業を選んだりしていますよね。

それでは、自分の性格に合った企業へ入社することは不可能です。

 

 

大手の良さ、ベンチャーの良さ。
それぞれを知った上で、自分はどちらに向いているのかを判断して欲しい。

 

 

そう思っています。

 

 

 

では本日はのぎちゃんに、
ベンチャー企業の良さとは何か!?”について語ってもらったので、解説していきたいと思います!

 

 

 

単刀直入に言うと、

ベンチャー企業の一番の良さは“仲良し度”です。

 

 

 

 

この仲良し度は、今後皆さんが働く上で、
めちゃくちゃ重要だと思います。

 

 

僕の働いていた食品メーカーでは、
1フロアに200人いまして、1年間でその中で絡んだ人は30人ぐらい。

 

その他の人は、名前さえ知りません。

 

 


しかし、のぎちゃんの働いていたベンチャー企業では、
社員が10人程度なので毎日みんなと絡むことになります。

 

 

 

すると、嫌でも仲良しになっていくもの。

 


たとえ性格が合わない人でも、
絡む回数を重ねたり、飲みにいくことで信頼は生まれます。

 

 

 

そんな仲間意識が生まれると、
会社全体で何かを成し遂げることに“やりがい”が生まれますし、
『自分が頑張らないといけない!』という責任感も生まれます。

 

 


これが大企業になると、
『自分が頑張らなくても、会社は潰れないし。』となってしまうのです。

 

 

働いて分かりましたが、
やはり大企業は“歯車の一つ感”は間違いなくありますね。

 

 

 

なので、逆に言うと「責任感がなく、楽に仕事したい〜」という人は、
大手企業をおすすめします。

 

これは割りと真剣に。

 

 

 

仕事を頑張りたい!やりがいを持って働きたい!という人にとっては、
ベンチャー企業は非常に良い選択肢となると思ってくださいね。

 

 

 


では、今日はこの辺で!

 

 


(°》《°)/「僕のブログは毎日更新です!!」

NEW!!
『就活マンチャンネル』放送開始!

youtu.be

 

★S★H★U★K★A★T★U★

tomoya.fujii1110@gmail.com
⇒就活の質問はこちらのメールまで。

こんな方にオススメ↓
 “ESの添削をして欲しい”
 “自分に合った会社を知りたい”
 “面接のコツを教えて欲しい”

※連絡をくれた方から順番に回答しますが、
遅くても翌日までには返答させて頂きます!
(もちろん無料です!笑)

 

https://www.facebook.com/shukatuman
⇒就活マンのFacebookページです。

こんな方にオススメ↓
 “ブログの更新を知りたい”
 “就活マンが毎日配信するニュースを読みたい”
 “気軽に就活マンとメッセンジャーで話したい”

☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆