就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

ESの裏技 vol.7 -『将来の「夢」を教えてください。の答え方』

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」

 


今日は保険や年金の変更をしたり、銀行口座を新しく開設したりと、
もろもろの手続きを行ってきました。

 


いやー、こうした手続きは疲れますね。

 

 

 

 

 

疲れ過ぎて昼に2時間寝ちゃいました。

 


それと明後日は、いよいよ動画の公開が控えているので今日も準備を行っています。

 

ぜひ公開を楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 


では、本日の本題に入っていきましょう。

 

 

本日は、『将来の「夢」を教えてください。』という質問への答え方を考えていきましょうか。

 

 

 

 

 

この質問って、案外答えにくいですよね。

 

 

なぜかと言うと、
そもそも「夢なんてないんですよ!」という人が多いからだと思います。

 


夢がないのに、夢は何だと聞かれても…
それは答えれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではこの質問、どうすれば良いのかと言うと、

 

 

 

 

 

 

『短期的な目標』と『長期的な夢』を書けばよい!

 

 

 

これに尽きます。

 

 

夢や目標を聞かれた時は、
短期的なものと長期的なものを両方書くと読んだ人は納得しやすいのです。

 

 


なぜかと言いますと、


『短期的な目標だけを書くと、大きい夢はないのか。』と思われ、

『長期的な夢だけを書くと、現実的でないな。』と思われてしまうためです。

 

 


小さい夢だと小さいやつだなぁと思われ、
大きい夢だと本当に実現できるの?と思われる。

 


それなら両方書いてしまえというのが、僕の考えです。

 

 

 


例を挙げましょう。

 


まず短期的な目標を設定します。


これは、これから頑張ろうとしていること、
既に取り組んでることで結構です。

つまり何でも大丈夫。

 

 

例えば、『初対面の人に笑顔で接することができるようになる。』
こんなことを短期的な目標としましょう。

 

 

次に長期的な夢ですが、

 

“短期的な目標の延長線上に、どんなことがあるかを考える”のです。

 

初対面の人に笑顔で接することができるようになれば、
その延長線上でどのようなことが実現するでしょうか。

 


考えてみてください。

 


初対面の人と笑顔で接する、
つまり、初対面の人と気軽に接することのできるコミュニケーション能力が身につけば、『自分と関わって幸せだと思われる人物になる』ことが可能ですよね。

 

他にも、『大切な相談もされるような信頼のある人物になる』ことだったり、
『自分の中で自信が生まれ、発言に積極性のある人物になる』
いう長期的な夢を設定することができますよね。

 

 

 

このように、夢がないという人は、
“まずは短期的な目標を考えてみる”。


そしてその先にどんな自分が見えるかを考えることで、
それが長期的な夢。つまり、夢となるのです。

 

 


この方法で、将来の「夢」はばっちり書けると思いますので、
ぜひ完成させてみてくださいね!

 

 

では、今日はこのへんで!

 

それでは!!

 


(°》《°)/「僕のブログは毎日更新です!!」