就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活生必見!】『失敗体験の書き方・答え方』完全版

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!この就活攻略論の読者の皆さん通称「就活攻略生」と面談する度に、良い子ばかりで感動していますでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20180511101000p:plain

 

 

失敗体験の書き方、これは就活生にとって永遠の課題だと思います。

よく言われる「そこまで失敗したことは書くな!」「失敗から学んだことを書け!」などなど。

はっきり言いましょうか。

 

そんな表面的なことばかり言われても、
よく分からないんだよっ!!!!!!

 

 

あ、熱がこもりすぎてしまいました。

しかし、本当にどこに書いてある情報も上辺だけのもので本当に就活生は苦労してしまうと思います。しかもそれを皆が見るので全く差別化できるないし。

でも安心して!「就活攻略論」はそんな就活生を救うためにあるのだから!!

さてと、本題に入っていきましょうか。

 

失敗体験に関して面接官は何を見ているのか?

まず失敗体験を考える前に、
そもそもなぜ面接官は失敗体験を聞くのか?
という視点を考えておくことがマストです。

 

採用するにあたって限られた時間で質問するのですから、必ず意図があるんですよね。
その意図を明確にしてから自分の答えを考えた方が当然評価される答えに寄せることができます。

 

ではでは、失敗体験によって面接官が何を知りたいのか!

それは、2点のみです!!

・失敗からの『復活方法(解決方法)』はどんなものか!
・失敗から得た『学び』がどんなものか!

これに尽きます。

 

要するに、失敗体験をどう乗り越えたのかという『復活方法(解決方法)』と、そこからどんな『学び』を得る子なのかということを失敗体験を聞くことで面接官は評価しようとするのです。

 

評価をするにあたって面接官はこんなことを頭で考えているでしょうね。

失敗からの『復活方法(解決方法)』を聞いて
⇒その人オリジナルの工夫があるか。失敗からの復活方法がしっかりとしているか(結局解決していないという状態になっていないか)。

 

失敗からの『学び』を聞いて
⇒失敗からの学びが深いかどうか。深ければ自社に入社してから例え失敗しても、失敗を成長と捉えてくれそうだなと面接官は妄想する。

 

結局のところ、失敗体験を考える際に重要なのはこの2つだけなので『復活方法(解決方法)』と『学び』を深掘りしておいて、しっかりと伝えることが失敗体験における勝ちパターンになります!

失敗体験の書き方・答え方の構成

ではでは面接官が評価する2点を押さえた上で、実際にどんな構成で書けば良いのか!!

 

1つ例として、文章を書いてみますね。


「私は大学時代に、参加していたバレーサークルを1年でやめてしまったという失敗があります。理由としては、活動の中でやりがいを見出すことができなかったためです。


冒頭はこんな感じですか。シンプルに書きます。

 

次に、面接官が重要視する2点
・失敗からの『復活方法(解決方法)』はどんなものか!
・失敗から得た『学び』がどんなものか!
をしっかりと踏まえた上で『復活方法(解決方法)』『学び』を入れていきましょう。

この2点が抜けていると面接官から面接でツッコまれすぐに答えられず撃沈というコースを間違いなくたどります。

最初に『学び』を導入しますかね。 

「私は大学時代に、参加していたバレーサークルを1年でやめてしまったという失敗があります。理由としては、活動の中でやりがいを見出すことができなかったためです。しかしこの経験を通じて、「やりがいは常に自分で創造するものである」という学びを得ました。

 

こんな感じ!

 

次に『復活方法(解決方法)』を導入します。

「私は大学時代に、参加していたバレーサークルを1年でやめてしまったという失敗があります。理由としては、活動の中でやりがいを見出すことができなかったためです。しかしこの経験を通じて、「やりがいは常に自分で創造するものである」という学びを得ました。バレーサークルでの活動を振り返った時に、もっと試合の開催数を増やして欲しいという不満が大きく、週1度の活動では物足りなさを感じていたのですが、それは自分で積極的なメンバーをコミュニティ化して追加実施すれば解決したのではないかと反省したのです。この経験から現在、「シリコン“バレー”」というバレー愛好会を開き週に3回バレー活動を主催しています。

 

こんな感じ!

 

そして、最後はうまく締めていきましょう!

最後の締めのおすすめ方法ですが、
「〜この経験による学びを常に大切にし続けていこう、そう誓っております。」
だいたいこれでなんとかなります。笑

この文末の締めを見たら、あっ!就活攻略生(就活攻略論を読み込んでいる同志達の総称)なんだな!と思っていいですね!笑

 

ではこの締めで、しっかりと文章を創り上げます。

 

「私は大学時代に、参加していたバレーサークルを1年でやめてしまったという失敗があります。理由としては、活動の中でやりがいを見出すことができなかったためです。しかしこの経験を通じて、「やりがいは常に自分で創造するものである」という学びを得ました。バレーサークルでの活動を振り返った時に、もっと試合の開催数を増やして欲しいという不満が大きく、週1度の活動では物足りなさを感じていたのですが、それは自分で積極的なメンバーをコミュニティ化して追加実施すれば解決したのではないかと反省したのです。この経験から現在、「シリコン“バレー”」というバレー愛好会を開き週に3回バレー活動を主催しています。この経験による学びを常に大切にし続けていこう、そう誓っております。」

 

このように、面接官の知りたい『復活方法(解決方法)』と『学び』を順番に導入していけば面接官が必ず納得する文章構成を書くことができますよ! 

大き過ぎる失敗は評価されないのか。 

ここまでで文章の書き方、作り方は理解してもらえたと思います!

次に、失敗体験の書き方を考える上でよくこんな質問をされるので一緒に考えていきましょうか。

 

「失敗体験でも、そこまで大きく失敗した経験を書くとマイナスに受け取られるのでは?」

こんな質問です。 

 

結論言います!

 

これらの考えに関する僕の意見は、反対です!

 

なぜか?

本当に何度も言っていますが、ESに大切な2つの原則を達成するためです。
その2つの原則。もう覚えてくれましたか?

 

★とにかく目立つこと

★自分の考えをふんだんに書くこと

 

f:id:shukatu-man:20170403202401p:plain

 

 

この2つの中でも『とにかく目立つこと』を実現するためには、
他人と違うことを書く
ことが最も重要です。

 

図説するとこんな感じ!

目立つことの中でも大切なのは“他人が書かないことを書く”、つまり面接官に新鮮味を与え、あなたらしさをアピールすることができます。

 

f:id:shukatu-man:20170403203009p:plain

 

ですので、

皆がそこまで失敗した経験を書くとマイナスに受け取られると思って大きな失敗体験を書かないのならば、自分は逆に大きな失敗体験を書いてしまおう!という逆転の発想が面接官の記憶に残すための武器になると言うことです!!

 

 

 

では、大きな失敗経験とはどのようなことがあるか。

多くの人に経験があることとして、
人間関係での失敗が多いのではないでしょうか。
友達を失ったり、家族を傷つけたりという経験ですね。

 

このような人間関係に関する大きな失敗は、コミュニケーション力を疑われるかもしれないとして多くの人がESでは書いたり、面接で言おうとしません!

 

だから敢えて書くのです。
目立つためにね!

 

先程言った心配事項であるコミュニケーション力を疑われるということに関しては、しっかりと文末で自分の考えを書いて弁明すれば問題はありません!!

 

失敗体験で書いていけないことなどない。

最後に!僕に匿名で質問できる質問箱でよくこんな質問をされます!

「過去の病気のことは書かないほうが良いですか?」

「お金の失敗はまずいですか?」

「家庭崩壊は失敗体験には重すぎでしょうか?」

 

こんな質問も頂いています!

f:id:shukatu-man:20180510185338j:plain

(こちらの質問には、「今、僕の質問箱に投げたことをそのまま言えばいいんです! 「健康的でないと思われるかもしれませんが、たしかに治りはしない病気ですが、健康に全く問題ないのでご安心ください!」って面接官に直接言うんです! 不安要素は直接伝えて潰すのが一番!」とお答えしました。)

 

 

今回の記事を読んで頂ければ分かるとおり、
どんな性質でも大きさ、深刻度でも書いてはいけない失敗などありません!!

 

大事なのは、
・失敗からの『復活方法(解決方法)』はどんなものか!
・失敗から得た『学び』がどんなものか!

 

この2点でアピールすることなので、テーマはどうでも良いんですよ。

 

就活攻略論における原則である、
理由付け>>>テーマ
がここでも活用できるんですよね!

 

よって「この失敗体験は書いてはいけないかな...?」

そう悩んでいる暇があったら、その失敗体験から“何を”学んだのか、そして「なぜの階層説」によって、自分がなぜそう感じたのかを深掘りしてください!

※「なぜの階層説」は理解必須です!!この記事でマスターしてください!👇

shukatu-man.hatenablog.com

 

失敗体験がない人はどうすれば良いのか。

 ここまでは失敗体験が“ある人”の書き方を説明してきました。

 当然、反対にこんな質問も多くもらいます。

失敗体験が思いつく限りないのですが、
どうすればよいでしょうか!

 

失敗体験がないってすごいな!どんな人生を歩んできたんだよ!!...というツッコミは置いておいて。

 

失敗体験が思いつかない人には一つの特徴があることが分かりました。

失敗体験を書いたり答える時は、
大きな失敗ではないといけないと思い込んでしまっている。 

こんな特徴を確実に持ってます!

 

大きな失敗体験は書いてはいけないのではないか?と思っている人がいる一方で、失敗体験は大きな失敗でないとテーマにしてはいけないのではないか、テーマとしては弱いのではないか?と思っている人もいるという面白い減少が起こっていますね。

 

しかし、これが分かると
失敗体験がない!という人に一つの答えを提供することができます!

テーマはめっちゃ小さい失敗でも良いよ!!

ということです。

 

要するに、

失敗体験がない!
と言っている人は、ほぼ全員が
大きな失敗をテーマにしないといけない!
と思い込んでいるのですが、
テーマは小さい失敗でも大丈夫です!

 

小さい失敗ってどんなこと!?というと、例えば僕の今日の1日でもこんな失敗がありましたよ。

 

ダメだと分かっているのに二度寝してしまった!

すれ違った人に挨拶しようとしてできなかった!

飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れた!

 

え? 「これらを失敗体験のテーマにするのは無理でしょ!」 って????

 

いやいや、就活攻略論の手にかかれば、これらの本当に小さな失敗も輝かすことができるんだなぁ〜!

 

ここでまたまた振り返りますよ。

失敗体験で面接官が見ているのは2点のみです。

・失敗からの『復活方法(解決方法)』はどんなものか!
・失敗から得た『学び』がどんなものか!

 

よって
例えテーマが小さいことでも、それに対する解決策が素晴らしかったり、学びが深ければ面接官は必ず評価します。

 

実例を出した方が早いので「飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れた!」という小さな失敗をテーマとして一つ文章を書いていきましょうか。

 

まずは冒頭。

「私の失敗体験は小さいことですが、飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れたということです。

 

次に『復活方法(解決策)』を導入しましょうかね。

「私の失敗体験は小さいことですが、飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れたということです。この時「お金を払ったのだから、皿を洗ってもらって当然だ」とどこかで思ってしまっていたのです。これを戒めに次回から必ずお礼を言うことを徹底しました。

 

次に『学び』を導入していきます。

「私の失敗体験は小さいことですが、飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れたということです。この時「お金を払ったのだから、皿を洗ってもらって当然だ」とどこかで思ってしまっていたのです。これを戒めに次回から必ずお礼を言うことを徹底しました。ここに書くべきではないほどの本当に小さな失敗体験かもしれませんが、ここで得た『当たり前のことにこそ感謝を忘れてしまう』という学びは私の人生を輝かす大切な気付きです。なぜなら当たり前なことにこそ感謝をするだけで、毎日が絶対に幸せになります。晴れてるだけでありがとう!と感謝すると幸せな気持ちになります。これはただのポジティブ思考だと思われるかもしれませんが、「感謝による幸せの力」は人生において欠かせないものだと自信を持って言うことができます。

 

締めますね。

「私の失敗体験は小さいことですが、飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れたということです。この時「お金を払ったのだから、皿を洗ってもらって当然だ」とどこかで思ってしまっていたのです。これを戒めに次回から必ずお礼を言うことを徹底しました。ここに書くべきではないほどの本当に小さな失敗体験かもしれませんが、ここで得た『当たり前のことにこそ感謝を忘れてしまう』という学びは私の人生を輝かす大切な気付きです。なぜなら当たり前なことにこそ感謝をするだけで、毎日が絶対に幸せになります。晴れてるだけでありがとう!と感謝すると幸せな気持ちになります。これはただのポジティブ思考だと思われるかもしれませんが、「感謝による幸せの力」は人生において欠かせないものだと自信を持って言うことができます。よって今後も当たり前なことにこそ感謝をし続けていこう、そう誓っております。」

 

いかがでしょうか??

「飲食店で皿を返却する時にお礼を言い忘れた!」という本当に小さな失敗体験からも、その人の個性や考え方、素晴らしい性格が伝わってきませんか?

 

付け加えておくと、
小さなテーマは『復活方法(解決策)』よりも、『学び』を重視することがポイントになります!

 

更にはもう一点、
小さなテーマであることを、こっちから敢えて言ってします。当然私も小さな失敗だと分かってますよ!ということを伝えてあげることが大切です!文章の中にも、「ここに書くべきではないほどの本当に小さな失敗体験かもしれませんが」という一文を入れました!

 

これらを徹底することで、今まで書くことがない!!と思っていた人も必ず書くことができるようになります!
ぜひ一度、小さな失敗はどんなものがあったかな?と振り返ってみてください。あなたのことを面接官に伝える素晴らしい種がきっと落ちていますから!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加