読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

就活マンの企業探し vol.8 -『What 〜なにを「業界で選ぶ」』

 
 
(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」


 
 
昨日から実家の愛知県に帰省しています。
 
 
 
 
そして起業の挨拶を含めて、久しぶりに親戚に挨拶してまわってきました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気がつくと…「あっ!ブログ更新してないっ!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大変申し訳ございませんでした(/_\)
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日楽しみにしてくれている方々のために、
こうしたことがないように以後気をつけます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ではでは、本日の本題に入っていきましょうか。
 
 
 
 
前回の記事では、
好きなことを仕事にするためには、2Wが重要と説明しました。
 
 
 
 
 
1つ目のWは「What= なにを?」、
2つ目のWは「Who= だれと?でしたね。
 

f:id:shukatu-man:20170324194336p:plain

 
 
今日は1つ目のWである「What= なにを?」について説明していきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
前回説明したとおり、Whatに関しては、『業界と業種』に分けることができます。
 
 
 
 
 
 
つまり、「どんな業界に入るのか」、「どんな業種を選択するのか」を
就活では選択する必要があるということです。
 
 
 
 
 
 
今日は「どんな業界に入るのか」について書いていきましょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まず、「どんな業界に入るのか」ですが、
業界とはIT、食品、インフラ、コンサルなどを示しますね。
 
 
 
こちらのサイトではどんな業界があるのか、全てチェックすることができます。
 
 
 
 
 
 
例えば、服に興味がある人だったらアパレル業界を。
食べることが好きならば食品業界を選ぶ。
 
そんな選択をすることができます。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、ここで気をつけないといけないのが…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『業界で選ぶ』という選択を取る人は、そのものが“圧倒的に”好きである必要がある。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう一度言いますね。
 
 
“圧倒的に”好きである必要があります!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんとなく服が好きだからアパレル!」というのは、
入社する企業を間違える典型的なパターン。
 
 
 
 
 
「圧倒的に服が好きだからアパレル!」という人のみが、
“業界で入社する企業を選ぶ”という選択肢を取ることで成功します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは考えてみれば簡単に分かりますよ。
 
 
 
 
 
服が圧倒的に好きならば、接客でも事務でも
「服に関わっていられれば幸せ!」となりますもんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
本当に業界で仕事を選ぶことは、このシンプルな法則なので、
覚えてくださいね!
 
 
そして自分に圧倒的に好きなものがあり、
それに仕事でも関わりたいと思うのならば、業界で仕事を選ぶことは成功への近道になると思いますよ。
 
 
 
 
 
 
それでは!!
 
 
 
 
 
 
 
 
(°》《°)/「僕のブログは毎日更新です!!」
 
 
 
NEW!!
『就活マンが“大学生のためだけに”配信するニュースブログ!』毎日AM更新! 
 
 
 
★S★H★U★K★A★T★U★
 
⇒就活の質問はこちらのメールまで。
 
こんな方にオススメ↓
 “ESの添削をして欲しい”
 “自分に合った会社を知りたい”
 “面接のコツを教えて欲しい”
 
※連絡をくれた方から順番に回答しますが、
遅くても翌日までには返答させて頂きます!
(もちろん無料です!笑)
 
 
 
⇒就活マンのFacebookページです。
 
こんな方にオススメ↓
 “ブログの更新を知りたい”
 “就活マンが毎日配信するニュースを読みたい”
 “気軽に就活マンとメッセンジャーで話したい”
 
☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆