読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

就活マンの3月の過ごし方 vol.10 -『OB訪問の目的を知る』

(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」
↑就活マン顔文字。
 
 
 
 
 
実はですね…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日なんと、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
MacBook Proを購入しました!
 
 
 
じゃーーーーーん!

f:id:shukatu-man:20170314183620j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやぁ。念願だったので非常に嬉しいです。
 
 
 
 
 
 
今まではipadでブログも書いていたのですが、
Macの方が本当にはかどりますね。
 
 
 
 
 
 
 
ブログの執筆にもより熱が入りそうです!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは、そんなMacbookを使って、
今日のブログを書いていきたいと思います。
 
 
 
 
現在、3月の過ごし方に関して、
いかに4月以降のことを考えて行動できるかについて連載しています。
 
 
 
3月に先読みして行動しておくこととして、
以下を挙げることができます。
 
 
 
 
 
・自分のやりたいことの明確化
 ・ES(エントリーシート
・OpenES
会社説明会
・SPI
・テストセンター
・OB訪問
・面接

 

 

 

これらは就活において絶対に行わないといけない“必須事項”。

 

 

なぜ先読みして、行動するべきなのか。

それは、最終的には“確実にやらないといけない事だから、3月から先読みしてどんどんやっていった方が後で楽。”だからです。

 

 

 

 

テストセンターまでの説明をしてきたので、

今日は『OB訪問』に関しての先読みを行っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもOBやOGって何?という人もいると思いますので、

簡単に説明を。

 

 

 

 

 

 

OBとは、old boy。

OGとは、old girl。

 

つまり男性の先輩、女性の先輩という意味です。

 

 

 

 

よってOB訪問やOG訪問とは、

『先輩に会いに行って話を聞こうよ!』という。ただそれだけです。

 

 

 

 

 

このOB訪問に関しての先読みですが、

 

 

そもそも「OB訪問はやるべきですか?」との質問をよく受けます。

 

 

 

 

 

しかし「やるべきですか?」という質問が出るということは、

OB訪問をする目的自体を分かっていないということです。

 

...目的がわかっていたらそんな質問はしないはずですから。

 

 

 

 

 

 

 

この『OB訪問をする目的をしっかり把握しておくこと』こそ、

3月中に行っておきたいことの1つ。

 

 

 

 

 

今日はその目的を一緒に考えてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では早速ですが、OB訪問をする目的とは何でしょう?

 

 

 

 

既に企業に勤めている先輩に話を聞くことで、どんなメリットがあるのか。

 

 

 

 

 

考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれを考えずに、“とりあえず”でOB訪問をしている人がいますが、

時間の無駄ですからね。

 

 

就活で行うことには、すべて目的を持ってください。

なぜするのか。なぜ必要なのか。

それが就活を効率よく、楽しく行う成功のコツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、OB訪問をするメリットですが、

考えましたか?

 

 

 

 

 

 

 

たいていの人は、「その会社のことを知るため」だったり、

「その会社の社風を知るため」と答えると思います。

 

 

 

 

または「OB訪問を行うことで内定の確率を上げる」、

「そのOBの人がリクルーター(OBとして後輩を自社に紹介する人)ならば内定のため」。

 

 

 

このような答えが出るのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはここで否定するところですが、

 

 

 

 

どの答えも正解です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先にも挙げたリクルーターは、上位の大学ではよくありますが、

僕のように中堅大学では、リクルーターには期待しない方がいいでしょう。

(そもそもほとんどいません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし一番重要なOB訪問の目的は、

 

 

 

 

『その企業の内情を知ること』

 

 

 

 

 

これに尽きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぜOB訪問が必要なのか?」

 

こう質問されたら僕はすべて『その企業の内情を知るため』と答えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内情とは、つまり裏話。

 

 

 

どれだけ内定倍率が高くて、ネットではホワイト企業と書かれていても、

実際入社してみると地獄のような企業なんてことはよくある話です。

(課長クラスが死ぬ程うざい、先輩達の先輩面が激しすぎる、残業が多すぎる等。)

 

 

 

 

 

その“実際入社してみると…”の話を聞く機会こそが、OB訪問なんです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

『OB訪問には非常に労力と時間がかかるというデメリットもある』ことを把握しておいてください。

 

 

 

 

その企業に勤めている人を探し、

アポイントを取り、質問内容を準備し、当日会って、お礼のメールを送り…と非常に大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを複数の企業で行っていたら、時間がいくらあっても足りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、複数の内定を取った際にどの企業に入るのかを決める時や、

どうしても入社したい企業だけOB訪問すると決めておきましょう。

 

これ、重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OB訪問は内情を知る機会になるので、

どうしても入社したい企業の“今求めている人材”なんかを聞く機会にもなりますよ。

 

それは非常に大きなヒントになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、OB訪問の目的を把握してもらったところで、

今日は以上です!

 

 

 

 

 

 

 

それでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(°》《°)/{僕のブログは毎日更新です!!

 

 

★S★H★U★K★A★T★U★
 
 
⇒就活の質問はこちらのメールまで。
 
こんな方にオススメ↓
 “ESの添削をして欲しい”
 “自分に合った会社を知りたい”
 “面接のコツを教えて欲しい”
 
※連絡をくれた方から順番に回答しますが、
遅くても翌日までには返答させて頂きます!
(もちろん無料です!笑)
 
 
 
⇒就活マンのFacebookページです。
 
こんな方にオススメ↓
 “ブログの更新を知りたい”
 “就活マンが毎日配信するニュースを読みたい”
 “気軽に就活マンとメッセンジャーで話したい”
 
☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆