読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

3月の過ごし方 vol.9 -『SPIとテストセンターは今すぐ始めろ!』

(°》《°)/ 「皆さん、こんばんわ!就活マンです。」
↑就活マン顔文字。
 
 
 
 
 
もう3月も中旬となってきましたが、
3月になって、このブログの閲覧者が10倍になりました。
 
 
 
 
Google検索で、就活・内定・倍率などを入れると、
僕のブログが結構上位に表示されるみたいです。
 
 
 
 
 
やっぱり1人でも多く、見ていただける人が増えると嬉しいですね!
 
 
 
 
 
 
これからも毎日更新していきますので、
皆さんぜひついてきてください!
 
 
 
宜しくお願いします♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ではでは、本日の本題です。
 
 
 
 
 
現在僕のブログでは、3月をいかに過ごすか、
それは4月以降にやるべきことを先読みすることだとお伝えしてきました。
 
 
 
 
 
 
 
3月に先読みして行動しておくこととして、
以下を挙げることができます。
 
 
 
 
 
・自分のやりたいことの明確化
・ES(エントリーシート)
・OpenES
・会社説明会
・SPI
・テストセンター
・OB訪問
・面接
 
 
 
これらは就活において絶対に行わないといけない“必須事項”。
 
 
なぜ先読みして、行動するべきなのか。
それは、最終的には“確実にやらないといけない事だから、3月から先読みしてどんどんやっていった方が後で楽。”だからです。
 
 
 
 
会社説明会までの説明をしてきたので、
今日は『SPI』と『テストセンター』に関しての先読みを行っていこうと思います。
 
 
 
 
 
SPIとテストセンターに関しては、今までも多くの記事で書いてきました。
 
 
 
まぁそれだけ重要なので何度も書いています。
 
 
 
 
 
 
今回は先読みとしてSPIやテストセンターに関して書きます。
 
 
 
 

しかし、SPIとテストセンターに関しては、

この記事を読んだら『とにかくやり始める』。

 
 
 
それが最も重要なことです!
 
 
 
 
 
 
 
そんな就活生にとっては大変面倒なSPIとテストセンターですが、
そもそもSPIとテストセンターは何のために就活で実施されるのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

それは“基礎能力が欠落した学生を落とすため”です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
企業としては簡単な計算や、日本語能力がない学生を
いちから教育するのは大変な労力がかかる。
 
 
 
 
 
企業にとって労力がかかるとは、
つまり“コストがかかる”いうこと。
 
 
 
 
 
 
それならば当然、最初からある程度の能力がある人を採用した方が、
手間はかからない。コストがかからないのでメリットは高いですよね。
 
 
 
 
 
 
 
その“ある程度”をはかるために、SPIやテストセンターを実施するわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずはこのことをしっかりと把握しておいてくださいね。
 
 
 
 
 
 
しかしながら就活生の中では、これを勘違いしている人が多い。
 
 
 
 
 
 
 
僕は先程、能力を“ある程度”はかるためと、
ある程度という言葉を使いました。
 
 
 
 
 

SPIやテストセンターは“ある程度”の能力をはかるためなので、

そこで満点を取っても採用には大きく影響しない。

 
 
 
 
どれだけ学力の基礎能力が高くても、
面接が駄目だったら当然のように内定は貰えません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よって何が言いたいかというと、
 
 
 
 
 

『SPIやテストセンターは“ある程度”の点数を取れるようになればいい』

 
 
 
 
 
 
100点ではなく70点でいいんです。
 
 
 
 
 
 
 
SPIやテストセンターで100点を取ろうとして、
そればかり勉強していると、就活全体として見ると失敗しますからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では70点を取る勉強としてはどうすれば良いか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

それは『毎日15分だけ勉強すること』

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕がすすめるSPIとテストセンターの攻略法はこれに尽きます。
 
 
 
 
 
裏技なんてない。
 
 
 
 
小学生が足し算を覚える時に、
裏ワザなんてありませんよね。
 
 
 
 
 
 
なので15分だけ毎日勉強しましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
勉強法に関しては過去のブログを引用しましょうか。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
今回はSPIとテストセンターの勉強方法についてです。
 
 
 
昨日のブログでは、
この2つは全く別物だと言いました。
 
 
 
 
 
別物ということは…?
 
 
 
 
勉強方法も別物ということです!
 
 
 
 
 
 
よく就活で失敗するパターンの人は、
SPIだけを極めている。テストセンターだけを極めているという人です!
 
 
 
受ける企業によって、どっちを採用しているのか分からないので片方だけを極めていても話になりません。
 
 
 
 
 
 
 
では何をすればいいのか!
簡潔に書きますね。
 
 
 
 
 
1.SPI専門の問題集を2冊買う。
2.テストセンター専門の問題集を2冊買う。
3.それぞれ1日15分。計30分やる。
 
 
以上です。
 
 
 
 
 
専門の問題集は、
本のタイトルにSPIとか、テストセンターとか書いてあるのでググッて探してください。
 
 
 
 
本として出ている問題集には、
そこまで的外れなものはありません。
ですので、2冊ずつやり込めば就活では困らない程度の力を身につけることができます。
 
 
 
 
3.4冊やってる人もいますが、
それだけやっても80点が85点に上がる程度です。笑
 
 
 
ですので、とにかく2冊を選んでそれを極めましょう。
 
 
 
 
 
ポイントとしては毎日15分ずつやることですね!
 
2時間とかたまにやっても、
疲れちゃうので30分ぐらいにとどめてやるのがベストです。
 
 
 
 
 
SPIとテストセンターは、
基礎能力!
 
 
 
とにかく勉強しないとできるようになりません。
 
 
 
 
逆に言えば、やればできるようになります。
 
 
 
 
 
SPI、テストセンターを通過しなければ、
面接のステージに上がることさえできません。
 
 
 
 
就活を有利に、効率よく行うために
これを読んでからすぐ行動しましょう!
 
本屋に行って、まず買ってください!
 
 
貰い物だと人間はやらない生き物です。笑
 
 
 
 
 
それでは!!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
過去のブログでも書いているとおり、
15分だけと決めることで“飽きずに”続けられるっていうことがポイント!
 
 
 
 
 
後々焦って勉強することにならないよう、今のうちから毎日勉強してみてください。
 
 
 
 
 
 
本屋に山のように問題集が売ってますので。
ちなみにどれも内容変わらないので、簡単に中身を見てみて、
良さげなのがあればそれを買って取り組んでください!
 
 
 
 
 
 
 
 
ではでは今日はこの辺で♪
 
 
 
 
 
 
 
 
(°》《°)/{僕のブログは毎日更新です!!
 
 
★S★H★U★K★A★T★U★
 
 
⇒就活の質問はこちらのメールまで。
 
こんな方にオススメ↓
 “ESの添削をして欲しい”
 “自分に合った会社を知りたい”
 “面接のコツを教えて欲しい”
 
※連絡くれた方から順番に回答しますが、
遅くても翌日までには返答させて頂きます!
(もちろん無料です!笑)
 
 
 
⇒就活マンのFacebookページです。
 
こんな方にオススメ↓
 “ブログの更新を知りたい”
 “就活マンが毎日配信するニュースを読みたい”
 “気軽に就活マンとメッセンジャーで話したい”
 
☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆