就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

3月の過ごし方 vol.6 -『学生時代に打ち込んだことの書き方』


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

 

皆さん、こんばんわ!
就活マンです。

 

今日は金曜日。
待ってました!!笑

 


僕は来週の土曜は出勤で、
再来週の水曜日に退職するので、
サラリーマンとして最後の"華金"なんです!

 

 


くぅー。染みるぅー。

 

 

 

でもこれだけ金曜日を嬉しく思うと言うことは、仕事を心から楽しめていない証拠ですよね。

 

大学生の支援こそが僕のやりたいことなので、どうしてもそっちの活動にしか興味がなくなってしまいました。


すると仕事も心から楽しめない。

 


だから退職という選択を取った。

 


ただそれだけのことです。

 

 


倍率800倍の大手メーカーに就職し、
安定と言われますが、
心から仕事を楽しめない日々に安定も糞もありません。

 


僕にとっての安定とは、
『毎日自分の好きなことをすること』

 

 

 

 

 

これに尽きるからです。

 

 

 

 


熱い想いはこの辺にして、今日も本題に入っていきましょうか。

 

 

 

 

 

今週は3月の就活生の過ごし方について書いています。

 

 

3月の過ごし方としてはESをあらかじめ書いておくことが有効です。
つまり“先読み”して行動することで、4月以降余裕を持って行動できる。

 

 


ESであらかじめ書いておく内容としては、以下。

 


・自己PR
・研究、ゼミの内容
・長所
・学生時代に打ち込んだこと

 

昨日のブログでは、就活マン流の『長所』の書き方を伝授しました。

 

 

本日お伝えする内容は、『学生時代に打ち込んだこと』の書き方です。

 

この学生時代に打ち込んだことの書き方は、
過去のブログの内容も引用しつつ、大ボリュームで書いていきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

『学生時代に打ち込んだこと』

 

まず、そもそも
なぜこの質問をしてくるのか。

 

 

会社は、
「4年間も暇な時間があって、お前は何をしたんだ?」と強気な姿勢です。

 

ぶっちゃけ、99%の学生の本音は、

 

 

「え?遊んでた。」でしょう。

 

 

 

僕も1年前まで学生だったので、
その気持ちが痛いほどわかります。

 


でも、流石にそうは書けません。

 

多くの学生は、書くことがないが故に、
・バイト
・サークル
とりあえずこの2つを書くんです。

 

 

“9割の学生”は、
学生時代打ち込んだこととして、バイトかサークルのことを書きます。

 

 

 

 

自己PRの書き方でもお伝えしましたが、
エントリーシートはとにかく他人と違うことを書け!
これは何度も言っています。

 

 


じゃあ、バイトとサークルのことを書くことは
100%NGです。
確実に100人中90人は同じ内容を書きますから。

 

 


(世の中にある就活本では、他人と違うことを書けと
ほとんど書いていない。だからダメなんだよなー。)

 


とにかく他人が言わないような内容を書くことを意識してください。

 

加えて、面接のネタはとにかく、“何をしたか”だけでなく、“なぜしたのか”も非常に重要。

 

よって、学生時代に打ち込んだことの書き方としては、
以下の構成となります。

 

 

 


冒頭に『学生時代に打ち込んだこと(他人が書かないような)』
続いて『なぜそれに打ち込んだのか、自分にとってそれはどんな意義があるのか』

 

これだけです。

 

 

例えば、打ち込んだことが『スマホゲーム』の人も、
素直にそれを書けばいい。

むしろ誰もESには書かないと思うので、
企業の人事に注目して貰えます。


しかし、打ち込んだことが
ただ奇抜なだけでは駄目なので、本当にしっかりと『なぜそれに打ち込んだのか、自分にとってそれはどんな意義があるのか』を書き、納得させるのです。

 

スマホゲームに打ち込んだ人も、
1つのゲームに打ち込む根気を熱心に訴えることもできます。

 

極端な話、恋愛に打ち込んだ人も異性とのコミュニケーションこそ営業力に繋がる!と訴えることができます。

 

 

 

そうした本音を見て、採用してくれる企業にこそ入るべきだと思いますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

それでは!!

 

 

 

 

 

 


★S★H★U★K★A★T★U★
tomoya.fujii1110@gmail.com
就活の質問はこちらのメールまで!
(もちろん完全無料です!笑)

https://www.facebook.com/shukatuman
就活マンをもっと知りたい方は、こちら!
☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆