『就活マンブログ』-就活のプロによる就活専門ブログ-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

3月の過ごし方 vol.4 -『研究・ゼミの内容の書き方』

 


皆さん、こんばんわ!
就活マンです。

 

今日は仕事で吉祥寺の方まで来て、
そのままスタバでブログを書いています。


吉祥寺は住みたい街の上位に君臨するだけあって、
歩いている人はお金持ちそうな人ばっかり。

 

 

そんな人達を見て、セレブの家に生まれた人を少し羨ましく思ったり。

 

 

(いやー。親が駐車場とかの土地持ちだったら不労所得だよな。ずるい。笑)

 

 

でも同時に育った家庭がお金持ちだと、
自分で頑張る楽しみ、這い上がる楽しみというのを知れないので、
悲しいことなのかもしれませんね。

 

どっちがいいんだろ。笑

 


吉祥寺という町が、色んなことを考えさせてくれます。

 

 

 

 

ではでは、こんな物思いにふけっている場合でなく、
本題に入りましょうか。

 

 


3月にESをあらかじめ書いておく。
つまり先読みすることについて今週はブログを書いています。

 

ESであらかじめ書いておく内容としては、以下です。

 


・自己PR
・研究、ゼミの内容
・長所
・学生時代に打ち込んだこと

 

昨日のブログでは、就活マン流の自己PRの書き方を伝授しました。

 

 

本日お伝えする内容は、『研究・ゼミの内容』の書き方です。

 


これについては、ESでだいたい落ちる人のダメな書き方を
まずは知ってもらいましょうか。

 

 

 


ダメな人はこう書きます。

 


「私の研究内容は、電子間のI効果による、分子の結合と離脱です。」

 


それに続けて、

 

「I効果によって電子が近づくことで生じるエネルギーの活用を実験を通して学んでおります。

今後の課題としては、どう応用し、活用するかを明確にすることです。」

 

 

いかにも、頭の良さそうなESですね。

 

 

 

 

 

 

 

うん。しかし、大事なことが欠落しています。

 

 

 


それは『読んでも意味が分からない』。

 

 

単純なことです。

 

 


ESとは企業の人事に、“自分を伝える手段”です。
そもそも内容を読んだとしても意味が分からないならば、
人事は読んでも意味がないと判断し、
意思疎通のできない学生と評価を下します。

 

 

なので、ゼミや研究内容は
“とにかく分かりやすく”書くことを徹底してください。

 

 

ESだけでなく面接でもよく難しい言葉を使おうとする学生がいますが、
聞いている方は、「は?」って思います。笑

 

しかし本人は難しい言葉を使ってご機嫌だから恐ろしい。

 


そうゆう学生はとことん落ちますね。

 

 


ちなみに本当に頭の良い、物知りな人ほど、
難しい言葉を使わない。

 


とにかく相手に一番伝わりやすい言葉を選ぶものです。

 


このことはしっかり頭に叩き込んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

では、それを踏まえて冒頭に書いた分かりにくい文を変えると、

 

 


「私の研究は、物を本当に細かく分解した“分子”の、お互いが引き付け合う力の研究をしています。

人で例えると、手を繋いで引っ張りあっているイメージです。この力をうまく活用することで、全く新しいエネルギーを作ることができるかもしれません。

そんな未来を想像するとワクワクしますし、毎日本当に楽しく研究に没頭しております。」

 

 

 

どうですか??

相当分かりやすくなったでしょ?

 

 

僕がオススメする書き方の構成は、こうです。

 

冒頭に『分かりやすく自身の研究やゼミ内容の概要』
中盤に『その研究やゼミに取り組む意義』
終盤に『毎日ワクワクしながら、没頭している』


この構成は、読んでいて非常に分かりやすいですし、
最後に“ワクワク”や“楽しんで”という言葉を持ってくることで、
『何事も楽しんで行う学生』という好印象を与えることもできます。

 

 

 


ぜひ分かりやすさと、この構成を意識して書いてみてください!

 

 

それでは!!

 

 

 

 

★S★H★U★K★A★T★U★
tomoya.fujii1110@gmail.com
就活の質問はこちらのメールまで!
(もちろん完全無料です!笑)

https://www.facebook.com/shukatuman
就活マンをもっと知りたい方は、こちら!
☆☆☆☆☆M☆A☆N☆☆☆☆☆