就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活メイクってしないで良くない?【普段どおりのメイクで大丈夫!】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活でのメイクはどんな感じが良いのか知りたい

・就活でのメイクはナチュラルが受けるのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!比較的濃いメイクの女性も好きなんですでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190116123902p:plain

本日の記事で僕は「就活の常識を打ち破りたい」と思います。

就活といえば、就活用の髪型、服装、メイク、などなど縛りがたくさんありますよね!

 

しかし思うんですよね。

就活メイクってむしろ地味な印象を与えてないか!?

と。

 

これは結構深刻な問題でして、地味な印象は「使えない人材感」を相手に与えます。

そして僕が就活中、内定を取りまくっていた知り合いの女性はかなり濃い目のメイクでした。でも派手な方がむしろ「バリバリ働ける優秀感」を醸し出していたのです。

 

そこで本日は就活メイクについて解説し、既存の常識に一石を投じたいと思います。

 

※本日の記事はかなり僕の主観的な記事です!参考にするしないは自己判断にてお願い致します! 

 

結局のところ就活でのメイクの良し悪しは「面接官の好み」

 

最初に言っておくことがあります!

就活のメイクに正解はありません。

あるのは面接官の好みだけです。

 

よって「就活でのメイクはこうあるべき!」という固定概念は捨ててください。

 

ここで面白い調査結果を紹介したいと思います。

パーカーさんという方が、すっぴん・ナチュラルメイク・フルメイクの3枚の画像を使ってどれが一番男性に受けるのかというのを調査したものです。

 

f:id:shukatu-man:20190116132908p:plain
画像引用:https://rocketnews24.com/2014/07/28/469227/

 

この調査の結果としては、

「ナチュラルメイク」。「すっぴん」アカウントに送られてきたメッセージとは雰囲気がガラリと変わり、外見に対する褒め言葉や露骨な誘いが大幅に増えて、積極的な姿勢を示す男性が多かったそう。

 

つまり「すっぴん」に比べて「ナチュラルメイク」を好む男性の方が多いことがわかる。

 

そして最後の「フルメイク」は、彼女のメイクや雰囲気を褒める男性が多かったのが特徴。外見についてのコメントは、「ナチュラルメイク」アカウントほど多くはなく、全体的に穏やかな印象を受けたという。パーカーさんは、「フルメイク」では、積極的であからさまな誘いが最も多く送られてくると予想していたそうで、この結果に驚いたとのこと。

 

次に「フルメイク」ではメイク自体を褒める人が多いとのことで、本人に目が向けられないという結果になったとのこと。

これはつまり「メイクにばかり目がいってしまう」ということなので、就活ではNGと言える。

 

まとめると3枚の画像のうち、真ん中が最も男性ウケが良いということになります。

しかし、実際のところ多くの就活生のメイクは真ん中の画像よりもむしろすっぴんに近いメイクだと僕は思うんですよね。

 

f:id:shukatu-man:20190116133649p:plain

 

だからこう言いたい。

もう少し濃いメイクでも良いんじゃないですか!?

 

就活でメイクを全くしないのは地味すぎる 

 

この記事はかなり僕の好みの問題が入ってきてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、これだけは伝えたい。

少し濃い目のメイクの方が絶対に使える人材感が出るよ!

これは譲れませんね。ほとんどの就活生はほぼすっぴんに近いメイクで就活していますが、あれは地味すぎて会社で活躍しているイメージが全くつきません。

 

特に薄い顔の人は少し濃い目にメイクしてしまって全く問題ないでしょう。

 

就活用メイクはしないでよし!普段どおりのメイクでいこう

 

更に主観に主観を重ねてすみません。

僕の頭の中にある「ここまで濃くてOK」を図解するとこうなります。

 

f:id:shukatu-man:20190116131619p:plain

 

真ん中の画像のようなナチュラルメイクと、右のかなり化粧の濃いメイクの間ぐらいまでは攻めてしまって問題ないです。

よって、普段のメイクが右の画像まで濃いのであれば少し薄めにすることを心がけてください。

なぜなら濃すぎるとちょっと「やんちゃ感」が出すぎてしまい、仕事ができない印象を与えてしまうからです。やんちゃ感が出ないギリギリのラインまではむしろ知的で高潔な印象が出ます。

 

▼ここまで濃いのはNG!f:id:shukatu-man:20190116132245j:plain

 

面接官が女性の場合は薄めの方が良い

 

最後に、人事部の女性の知り合いから聞いた話を紹介して終わりたいと思います。

ここまでの内容は男性である僕の主観をふんだんにトッピングした内容でした。

 

面接官の多くが男性なので、男性ウケが良い少し濃い目のメイクがおすすめです。

しかし女性が面接官の場合は少し事情が異なるかもしれません。

 

女性の人事部の方がこうぶっちゃけてくれました。

濃いめのメイクできた就活生に対しては「少し生意気」だと思うんだよね!

 

なるほど!濃いメイクは女性ウケは悪いのか!

 

と、いうことで面接官が女性だと決まっている企業の面接にはナチュラルメイクでいった方が良いでしょう!! 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー