就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

就活マン物語 vol.3 -『怒。』

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加
 
vol.1
shukatu-man.hatenablog.com

Vol.2
shukatu-man.hatenablog.com
 
 
扉が開いた瞬間。
 
 

僕は初めて死を決意した。
 
 

その時の恐怖感を、言葉に表すことはできない。
 
 
「目の前が真っ白になった」という言葉を聞くことがあるが、
そんな優しいものではない。
むしろ油性ペンで黒に塗りたくったような、
そんな景色が見えていた。
 

目を強くつむり、
歯をくいしばった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なにしてるの?」
 
 
 
 

聞き覚えのあるその声に、
僕の涙はさらに溢れた。
 
 

涙は気管に入り、嗚咽。
苦しい。
 
 
 
 
目の前に立っていたのは、
母だった。
 
 
 
 
 
 
 
そして10歳の僕は小さな声で、その出来事を母に話した。
 
 
 
 
 
母は僕を強く抱きしめた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕の肩が濡れるのを感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 

母はきっと僕以上に涙を流していた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ごめんね、ごめんね。」
 
 
 
 
 
 
 
 

この世の中に、
これ程までに弱った親を見たことがある人は、
本当に一握りだと思う。
 
 

親は強い生き物だと勝手に思っていた。
 
 
そんな訳がない。
 
今ならわかる。
 
今の僕が10年経ったとき、
そこまで強い人じゃないと思う。
 
 
 
いや、むしろ人はいつまでたっても弱いのだろう。
 
 
 
そして、そんな弱った母とその日はずっと話していたのを覚えている。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
その日、父は帰らなかった。
 
 
次の日、母は荷物をまとめ、僕と弟の手を取った。
 
 
 
 
「行くよ。」
 
 
 
 
車に乗ること1時間。
僕らは母親の実家へと逃げ込んだ。
 
 
 
本当に祖父母には感謝している。
 
 
この時、祖父母の家がなかったら、
多分僕らは路頭に迷っていただろう。
 
 
 
 
事情を知っていた祖父母は、
僕らを優しく迎えてくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 

その日の夕方、太陽がもう少しで沈む頃。
僕は近くの池に向かい、小さな土手に座った。
 
 
 
この時、父親を失ったことを実感し、その苦しみを噛み締めた。
 
 
 
服がずぶ濡れになる程泣いた。
 

喉が張り裂ける程に、叫んだ。
 
 
 
 
 
何も変わらないと分かっていたけど、
そうするしかなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

神様は時々、人に試練を与える。
 
 
 
父親を失った。
そんな弱った僕に、神様は容赦をしない。
 
 
 
 

この後続く試練に、
11歳の僕は耐えることができなかった。