就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

就活マンの熱血人生論 vol.2 -『就活のやる気がないなら、やるな!』

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加

 


皆さん、こんばんわ!!
就活マンです。

 

 

この土日は勉強の方に集中しすぎて、
ブログを更新できていませんでした。

 

 

…申し訳ないっ!

 

 

 

 


改め直して、本日からも毎日更新していきますので、
皆さんぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

 

今回は熱血人生論の第二弾です。

 

 

 

 


いきなりですけど、

そもそも就活生ってさ、、

 

 


就活のやる気なさすぎない?

 

 


1割ぐらいの人はメラメラやる気に満ち溢れているけど、
残り9割の人が就活をやる理由はただ1つ。

 

 

 

 

 

 

 

 


『やらないといけないから』

 

 

 

 

これに尽きる。
「やらないと将来やばい」「みんなやってるし」
こんなことばかり言うけど、そもそもやらないといけないなんてルールはないでしょ?

 

 

 

そこのところ、よく考えたことありますか??

 

 

 

だって新卒で入社して、月に手取りが18万円。


毎日8時間。それを月に20日。毎月160時間。時給1125円。

 

 

 


色んな保険とかつくしー。複利厚生があるしー。
とか言うけどさ、

 

 

時給1125円に毛が生えたようなもんだよ。

 

 

 

 

 

 

 


これだったら別にアルバイトでも変わんないじゃん。

 

 


じゃあそれでもなぜ就活をやるかと言うと、
「自分が好きな仕事をするため」だと思う。

 


1割の人は就活のやる気に満ち溢れている。
その人達は「自分がやりたいこと」がはっきり決まっている人だ。

決まっていないのにやる気で満ち溢れている人はいない。

 


例えば、「僕は人と話すのが大好き!!だから営業をしたい!」っていう思いでもいいし、「商品開発をして自分が作った商品が店で売られているところを見て見たい!」でも良い。

 

 

とにかくまずは自分は何をやりたいのかを知る必要がある。

 

 

 

 

 


1ヶ月かけても構わないから、
就活を始める前にとにかく『自分がやりたいことは何か』を追求してほしい。

 

 

 

ちなみにその方法は簡単。

 

今までの人生で、
『これをやっていると死ぬほど楽しい!!』と思ったことを書き出すだけ。

 

 

 

 

 

それは人と話すことか?

 


何かを考えることか?

 


ゲームをすること?

 


ひたすらPCをいじること?

 

 

ウィンドウショッピング?

 

 


買い物しているとき?

 

 

 

 


次に、なんでそれをしていると楽しいのかを考える。

 

 

人が好きだから。

 

ゲームがおもしろいから。


服を見ていると幸せだから。

 

 


じゃあそれが仕事になっているものを探そう。

 

 

 

営業?


コンサルティング

 

ゲーム解説サイトの運営?

 

服飾?

 

 

 


自分がやっていて最高に楽しいことをみつけて、
それが今、世の中で仕事になっていないか探してみる。考えてみる。

 

 

 

就活のやる気が起きない全ての人は、
ここから始めないとやる意味はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは♪