『就活マンの超毒舌就活論』−内定が“とにかく欲しい”就活生へ−

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

就活マンのインターンシップ vol.1 -『インターンシップは何得なのか?』

 


皆さん、こんばんわ!!
就活マンです。

 

最近Netflixで、ゴシップガールを見るのが日課なんです。
あれ、めっちゃ面白い。

 

セレブの家に生まれた高校生達の、
日々の生活を描いたドラマなんだけどね。

 


あれを見て、自分もお金持ちになりたい!とか、
あんなかっこいい髪型をしたい!とか、
そうゆう欲望が出てくるとグッドだね。

 

 

人間なんて欲望がないと頑張れない生き物なんだからさ。

 

 

僕はとにかくお金持ちになりたい!!!!!って思いで、
高校も勉強していたし、欲望が頑張りに繋がるなら大歓迎!

 

 


みんなもぜひ就活をすることで叶えられる欲望を見つけて、
それを糧に頑張ってみるのもおすすめです!

 


(…僕の場合は、毎日好きなことをしたい!!仕事がつまらないなんてありえない!っていう欲望だったなぁ。)

 

 

 

 

ではでは本題に入っていきましょうか。

 

 

今週はインターンシップに関する連載です。

 

もう2月になって就活も本格的にスタートするけど、
インターンシップへ行ってないから就活はもうダメだ」って口にする人をよく目にする。

 

 

簡潔に言うと、別にインターンシップへ行ってなくても、
行ってた人と同じように内定はいくらでも取れるってことを伝えたくて書きますね。 


でも、なんでインターンシップに行かなくても関係ないと言い切れるのか。
それはそもそもインターンシップを通じて得られることなんて少ないから。

 

結論を言ってしまうと、インターンシップで得られるものは、
「“インターン先の”内定の確率アップ」だ。

 

 


特にインターンシップに参加したからって就活の秘訣や、情報を教えてもらえる訳ではない。
よっぽど毎日このブログを読んでた方が就活に関してはタメになると断言しよう。





あと、ここで注意なのが、参加したから内定率が上がるのではなく、

インターンシップを通して自分の能力をアピールできたから 内定率が上がるということ。


インターンシップに参加しても、ダメダメの人は内定率はむしろ下がる。
ここの理解はしっかりしといてね?

 


要は、ちゃんと面接やESで自分をアピールできれば
インターンシップになんか参加しなくてもいい。


むしろインターンシップで1社の内定確率を上げるために費やす時間は
馬鹿にならない。

 

 


ではどうするのがおすすめか。

 

 

 

 


それは、

『どうしても入りたい!!という企業があればインターンシップに参加するべき』

という一言に尽きる。

 


なんとなくインターンシップに参加する。
インターンシップに行った方が有利なんでしょ?
っていう人は時間の無駄だから、SPIの勉強をしてください。

 

 

 

 

 

今日はここまで!

 


ではでは♪