読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

就活マンの対談 vol.4 -『関西学院大学 トシくん~内定の確率を10倍高める方法⁉︎~』

皆さん、こんばんわ!!
就活マンです。


昨日と今日、仕事がてんこ盛りでして、
更新遅くなってしまってごめんなさい。。。

 

就活マンの対談シリーズの第4弾となりました!!
とりあえず第5弾まで更新して、次のシリーズに入りたいと思っています。


対談シリーズ、非常に好調なので度々書きますね。


ではでは、対談シリーズを読んで
就活生のリアルな声と、それに対する僕のアドバイスを読んで、
同じ悩みや不安を持っている方の助けになればと思います!

 

 

はじまり〜♪

 

 


トシくん(トシ)「はじめまして!」

 

就活マン(就活)「はじめまして!トシくんは、就活をいかに効率化できるかを考えていて、昔からメッセージで質問をくれているよね。」

 

トシ「Facebookで就活マンさんを見つけて、最初のブログに就活の効率化!とあったのでそれを読みました。周りの友人は就活に必死になって会社説明会に行きまくっていますよ。僕は極力行きませんが。」

 

就活「その会社説明会に行って、大きな気づきだったりを得られればいいと思うんだけど、たいてはHPに書いてあるようなことしか言わないしね。その企業の少し深い情報もネットを調べればすぐ出てくるよ。」

 

トシ「ほんとにその通りですよね。エントリーに会社説明会の参加が必須な企業のみ、説明会に参加してます。ところで就活マンさんは、会社説明会に何回ぐらい参加したんですか?」

 

就活「4社だよ。エントリーした10社に1社ぐらいかな。」

 

トシ「やっぱりその程度なんですね。会社説明会って半日取られて辛いですよねー」

 

就活「その時間があるなら、僕はFacebookで気になった企業に勤める人にメッセージを送るね。10人に送れば3人は答えてくれるからね。」

 

トシ「それ少し勇気いりませんか?」

 

就活「その後の人生の何年、何十年を決める就活に、勇気もクソもなくない?やれることはやるべきだ。」

 

トシ「うっ…。」

 

就活「失礼のないようにメッセージの内容は丁寧に書けば、それ程相手の迷惑にはならないと思うよ。」

 

トシ「たしかにOG、OB訪問とかって大学に頼むと手続きとか面倒で結構時間がかかっあたりしますもんね。インターネット時代に生まれた僕達の特権ですね!」

 

就活「しかも仲良くなれば、ぶっちゃけ残業とかどうなんですか?とか聞けるし。」

トシ「Facebookを使うのは就活の効率化に重要だなぁ。」

 

就活「使える手段は使う!何十年後の自分が笑顔で過ごすためにね!!」

 

 

 

 

トシ「ところで就活マンさんは、1日にどれぐらい就活に費やしていました?」

 

就活「僕は1日に就活する時間を決めていたよ!」

 

トシ「え。どんなふうに?」

 

就活「SPI・テストセンターの問題を解く時間を毎日30分。ネットで企業を探す時間を30分。ESを書くことを1時間。就活に関係ない本を読むことを1時間。」

 

トシ「SPIと企業探しの時間が30分なら毎日続けれそう!」

 

就活「短い時間集中して、あとは遊ぶ!ってした方が充実した1日を過ごせるからねー。」

 

トシ「就活に関係のない本を読む時間が1時間って何ですか?」

 

就活「これはね、“自己啓発本”だね。僕が就活で9割の面接に受かった理由がここにある。」

 

トシ「え!!!詳しく詳しく!」

 

就活「本屋さんに言って、自己啓発本のコーナーを見てみて。自己啓発本って、簡単に言うと物事の考え方を教えてくれる教科書のようなもの。」

 

トシ「あ!たしか、就活マンさんは“自分の考えがしっかりしていること”が複数内定を取る人の唯一の特徴って言ってましたよね。」

 

就活「その通り!僕はその“考え方を自己啓発本から借りていた”んだ。借りると言っても、その考え方を良いと思えば、自然とそれが自分の考えになるんだけどね。」

 

トシ「たしかに自己啓発本を書くような偉大な人の考えを自分のものにしちゃえば、周りの就活生とは格が1つ違いますよね。」

 

就活「そのとおり!会社説明会なんて出ないで、「D・カーネギーの『人を動かす』」を読んだ方が内定できる確率が10倍は高まるよ。これ本当に。」

 

 

 

トシ「今すぐ買ってきます!」