読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

就活マンの自己分析 vol.9 -『5シンプルを極めた後にやるべきこと』

皆さん、こんばんわ!
就活マンです。
 

土曜日のディズニーシー、
めちゃくちゃ楽しかったです!
 
昔はいかに多くアトラクションに乗れるかだったのですが、
最近はいかに雰囲気を楽しめるかに変わってきました。
 

こうゆうところにも価値観の変化を感じますよねー。
 

アトラクションよりもショーを楽しむ自分がいるなんて、
中学校の頃は考えてもみなかったですからね!
 
 
そんな大人な価値観の変化を楽しみたい今日この頃です。
 
 
それでは、本題に参りましょうか!
 
 
 
今回のテーマは、
就活マン流の自己分析法である5シンプルを行なった後、
就活中にどんなことをして自己分析を深めていくかということを書きますね。
 
 
 
自己分析とは、自分を知ること。
 
しかし、自分で自分のことはよく知らないものです。

ではどうするのか?
 
 
 
前にも言いましたね?
 

5シンプルの③、④の手順で実施したとおり
他の人に聞けばいいんです。
 
 
ESで出てくる質問は2パターンに分かれます。
・自分しか知らないこと
・友達が知っていること
 
自分しか知らないことというのは、
・長所を更に伸ばすために何をしていますか?
・成功体験から学んだこととは?
・困難をどのように乗り越えましたか?
などなど。
 
 
そんなに度々聞かれるような質問ではないことがわかりますか?
 


自分しか知らない質問って、
聞かれる回数が少ないんですよ!

 

これポイントです!!
 

意外とマニアックな質問が多いので、
あらかじめ考えておいても就活全体として
ほとんど使わない可能性が高い。
 
使わない可能性の高い質問の答えを、
あらかじめ考えておくことは時間の無駄です。
 
 
 

それよりも、長所や短所、第一印象、
意外な良いところ、悪いところ、その他の性格。

友人が一番よく知っているような質問を考えることの方が
重要です!
 
 

面接官も、あなた自身しか知らないようなことより、
ざっくりあなたがどんな人かを知りたいのです。
 
 
 
 

では5シンプルを行った後、
自己分析のために何をするのか。
 

仲良しの人と食事に行きましょう。
飲みに行きましょう。
スタバで一緒にESを書きましょう。
 
 
とにかく仲良しの人から、
自分のことを聞きまくる!!
 

長所、短所、性格、第一印象、
癖、おもしろい部分、嫌いな部分、
なぜ自分と友達になってくれたのか、、、、
 
恥ずかしいかもしれませんが、
そこで聞いた“自分という情報”は
就活を行う上での宝物です!
 
 
就活中に、友人と飲みにいくこと
食事に行くことは立派な就活の一部なんです!
 
 

気分転換にもなり最高でしょ?
 
 
 
 
それでは!!