【就活生必見!】読むだけで就活を圧倒する就活専門ブログ『就活攻略論』

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

就活マンの自己分析 vol.7 -『5シンプル⑤』

皆さん、こんばんわ!
就活マンです。
 
年末にどんどん近づいていき、
もう2017年かぁ〜。なんて考えてます。
1年って本当にあっという間ですよね。

それがあと50回ぐらい続いたら死んじゃうんだから、
1日1日を大切に生きないと!!
そんなことを改めて思っています。
 
 

それでは、本題に参りましょう。

今回で就活マン自己分析の5シンプルの手順が終了します。
今までの手順は実行しましたか?
実行した4つの手順が、後から就活を効率的にこなすことに役立つので、
大切にしていてくださいね?
 
少しおさらいしますと、
5シンプルの手順は以下の通りです。
 
① 小学校〜高校の思い出を"1年ごと"に箇条書き
② 大学の思い出を"半年ごと"に箇条書き
③ 両親、親戚に自分についてのインタビュー
④ 仲良し上位5人に自分についてのインタビュー
⑤ 1〜4で出たことについて、とにかく深堀り
 
 

今回は⑤の『1〜4で出たことについて、とにかく深堀り』について
解説していこうと思います。
 
 

その方法はいたってシンプルです。
 

書いたことに関して、3つの質問を投げかけていくだけ。

その3つとは、
「なんで?」
「だから自分は?」
「どうなった?」
です。
 
 
よく分からないと思うので、具体的に説明していきますね!
 
①の手順にて小学校〜高校の思い出を"1年ごと"に箇条書きしたと思いますが、
例えば「小学1年生の時にキャンプに行った。」と書いていたとしましょう。
 
これに対して、まずは「なんで?」と質問します。
 

答えとしては、「友達が欲しかったから。」
こんな風に答えるかと。
 
次に「だから自分は?」と質問します。
 
友達が欲しかったのでキャンプに行った、
そして友達ができて嬉しかった。
そんな経験から「自分は積極的に友達作りに参加する人」と答えられますね。
他にも人によっては「キャンプに行っても友達ができなかったので、
小さい頃は友達が作るのが苦手な自分。」こんなふうに答えるかもしれません。
 
そして最後の質問です。
「どうなった?」と質問します。
このどうなった?というのは、その経験や思い出によって
どう自分が変わったのか、生活が変わったのかということを
答えてください。
 
 
キャンプに行ったことによって自分がどう変わったのか、
その答えとしては「友達ができて明るくなった」や、
「小学1年生の頃から課外活動に参加したことで、非常に活発な人間になった」
「虫と友達になった」なんかも面白いかもしれません!
 
 

こんな流れでとにかく手順①〜④で書き出したことに
質問を投げかけてまとめていってください。
 

適当に紙に書けばいいですよ!
あとで見返すことができれば十分ですから。
 
 

その紙はいわば、就活を送る上でのネタ帳となります。

 
 
自分の人生の経験や、友達からの自分の印象も書かれている。
 
さらにはそれに対する自分の考えまでも書いてあります。
 

このネタ帳は就活を行う上で、
必須のツールとなってくると思います。
 
 
 
例えば、そのネタ帳を友達に見せて、
「これみて何か思うことある?」と何気なく質問すれば、
「◯◯って、小さい頃こんなことやってたんだな!もっと大人しいやつだと思ってた。」とか、更に書き込めるようなことが出てきたりします。
その際は遠慮なく、書き足していってください。
 
 

就活中でもこのネタ帳にどんどん書き足したり、
たまに見返してそこから感じた自分の性格や、重要な出来事を思い出すきっかけにしてください。
 
 
明日のブログでは、このネタ帳をいかにして
ESや面接に落とし込んでいくのかをお話ししましょう。
 
 
 
 

それでは!!