就活マンの『就活専門ブログ』~みんなの就活の常識を変える!髪型やメイクは関係ない!〜

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

★みんなの就活力。へ移転しました!⇒ みんなの就活力。

就活マンの自己分析 vol.3 -『5シンプル①』

 
こんばんわ!!

就活マンです。
 
 
 
自己分析についての5つのステップ!
 

その名も『5(ファイブ)シンプル!』

 
名付けました!!!
(ダサいですかね…?結構気に入ってるんですけど。笑)
 
 
 
 
自己分析vol.2で書きましたが、その手順は以下の通りです。
 

① 小学校〜高校の思い出を"1年ごと"に箇条書き
② 大学の思い出を"半年ごと"に箇条書き
③ 両親、親戚に自分についてのインタビュー
④ 仲良し上位5人に自分についてのインタビュー
⑤ 1〜4で出たことについて、とにかく深堀り
 
 
今回は①について解説していこうと思います。
 
実際に箇条書きするために、
紙とペンを用意してください!
 
 
 
前置きとして、自己分析の方法は本当に様々なものが、
世の中に溢れていますよね。
 
 

でもさ、やるべきことってシンプルで分かりやすくないと
行動できないというのが、僕の意見。
 
 
 
だからとにかくシンプルにこれだけやって欲しい。
そんなことを書きます。

その1つ目が、
小学校から高校の思い出を1年ごとに書くこと。
 

本当にどんな思い出でも構わないし、
くだらなくても構わない!!
 
 

ちなみに僕はこんな感じで書いていた。
 
 

小学1年生
…挨拶の声が小さいと言われ、とにかく親に怒られた。
挨拶を頑張ってみよう!と決心し、挨拶をするようになったところ、
友達が増えて、自分に自信を持てるようになった。
小学2年生
…学年で一番50m走が早かった。それで周りにちやほやされて、
超ハッピーな気分を味わっていた。
小学3年生
…すきな女の子に告白したら振られた。初めての異性への挫折。笑
 
 

こんな感じで、1年ごとの思い出を書いていく。
 
 
 
どんな紙に書いてもいい。
ただ思い出を振り返って、楽しく書いて欲しい。
 
就活は楽しむことが何よりも大切!
 
 
 
自己分析にありがちな、
何かの質問に答えながら書くことは、
自由な発想や思い出の振り返りの邪魔をしてしまうので、
おすすめしない。
 
 
 
 
 

こうした思い出をまずは書き出していこう。
 
 
 
 

それこそが自己分析のファーストステップ。
 
 
 
 
 
これが何につながるのかは、
手順を追ってから分かることなので、
とにかく実行してね。
 
 
 
 
 

それでは!!