就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

就活マンの面接 vol.14 -『面接で内定10社取る人とは!?』

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加
こんばんわ!!
就活マンです。
 
 
今日は僕にとって、新たな一歩を踏み出す日となりました。
 
その一歩とは何か。またいつかお話しさせて頂きたいと思います。
 
 
 
 
では、本題にに入っていきましょう。
 
 
 
就活は100社受けても受からない。そんな言葉を聞いたことありません?
 
僕も就活をする前はそう思っていました。
しかし一社目から内定を獲得。
 
あれ?
 
100分の1じゃなかったの?
そんなことを思った記憶があります。
 
 
 
ですが、実際に100社受けても全く受からない人がいることも
事実です。はっきり言ってそれが現実です。
 


でも就活でとことん失敗する人の特徴は、
何度も言いますがシンプルです。

 
・とにかく暗い(声が小さい、うつむいてる等)
・話が長すぎる
・SPI、テストセンターの勉強を全くしていない
 
 

だいたい50社受けて全て受からない人は、
上のどれかに必ず当てはまってきます。
 
 

周りに暗いと言われる人は、
いきなり性格を変えるのは無理なので、
例えば髪型をすっきりさせることが一番重要だったりします。
 
 
 
 
 
では100社受けて全て落ちる人もいる一方で、
100社受けて10社以上受かる就活生も沢山います。
 
 
それは受けた企業のレベルが低いからという理由ではありません。

内定を多数取る人の特徴はシンプル。
1つだけです。
 
 
 
 
緩急。
 
 
 
 
 
 
 
 
もう一回言いますね。
 
 
 
 
 

『緩急』
 
 
 
 
 
 
 

とにかく多数の内定を取る人は、
面接で『緩急』がある人。

 
 

これだけ覚えてってください!
 
 
 
では、緩急とは何でしょう?
 
 
カラオケをイメージするとわかりやすい。
 

歌が上手い人は、
強弱のつけ方、つまり緩急のつけ方が上手いんです。
 
 

Aメロは小さく歌ってサビに入るにつれて、
どんどん盛り上がっていく!
 
 
 
 
 

これが面接でも言えます。
 
 

面接での“緩”は、笑いです。

面接での“急”は、情熱です。
 
 
つまり1回の面接の中で、基本的に笑いのある話をしつつも、
自分が強く情熱をもっている経験の話をする時には、
表情が変わり真剣に話す人。
 
 
 
こうゆう人は必ず多くの内定を取ることができます。
 
 
 

面接中、終始真剣に話している人には
面白みを感じません。
 
ずっとサビの歌なんて聞いててやかましいだけですよね。
 
面接中、ずっと軽く話している人には、
可能性を感じません。
 

ずっとAメロの歌なんて聞いてて飽きてしまいます。
 
 
笑いのある話の中で、
いきなり真剣な顔を見せる。
そんな人こそが内定を10社以上取る人だと、
僕は信じて止みません。
 
 
 
 

それでは!!