読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

就活マンのミニコラム vol.3 -『大企業に合う人、合わない人』


皆さん、こんばんわ!!
就活マンです。

 

昨日のブログをfacebookに拡散頂いた方が、
一名いらっしゃったので、
まずその方にお礼を。
ありがとうございました!


ブログを読んで、
少しでもいいな!と思った方は、
facebookTwitterにて拡散頂けると、
泣いて喜びます。笑

 


ではでは、本題に入りましょうか。

 

今回は手軽に読めるミニコラムです。

 

就活ではとにかく大企業に入ろうとする人が多いですが、
そもそも就活は大企業に入ったら良い訳ではありません。

 


大企業は安定してるなんていうのは嘘です。

 


要は“安定”という言葉の意味が広すぎるんです。

 

大事なのでもう一度言いますね。

就活生の言う安定という言葉は、
その意味が広すぎるんです。

 

 

これから安定という言葉を使う際は、
2つに分けてください。


“経済的安定”と“精神的安定”です。

 


経済的安定とは、収入面での安定性ですね。

精神的安定とは、日々幸せであるということです。

 

 

だいたいの就活生が言う安定は、
経済的安定のことです。

たしかに大企業の方が、経済的安定性は高いですね。

 


では、精神的安定という面ではどうか。

 

 

大企業での仕事は、本当に1人1人が歯車です。
大企業に入社した僕だからこれははっきり言えます。

ほとんどの大企業に入社すれば、あなたは歯車になります。

 

どういう意味かと言うと、
ある程度決まった仕事を毎日継続的にこなす。
ルーティンで地味な仕事が非常に多い訳です。

あまり無茶をしたくない!
毎日与えられた仕事を淡々とこなしたい!という性格の人には、
非常に合っています。


ですが、挑戦したい!自分の力を試したい!という性格の人には、
驚くほど合いません。僕もそうでした。

 


経済的安定と、精神的安定はどちらも満たす必要はありません。
どちらの優先順位を高くするのか、それは人によって異なると思いますので、
よく考えてみてください。

 

 

 

 

 

 


それでは!!