【就活生必見!】読むだけで就活を圧倒する就活専門ブログ『就活攻略論』

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

就活マンのES vol.3 −「学生時代に打ち込んだこと①」


こんばんわ!!
就活マンです。
 
最近、早起きが辛すぎるので、
いい方法を思いつきました。
 

起きたい時間の30分前にアラームをセットして、
起きて30分、自分の好きなドラマやアニメを見るんです。

起きてから好きなことが待ってると、
すぐに目がさめるんですね〜。
 

起きてすぐ準備とかしないといけないと、
全く起きれませんもの。
 

この起床法おすすめなので、
ぜひ試してみてください♪
 
 

それでは本題に入りましょう。
 
 
今回は、エントリーシートの最大の強敵である、
「学生時代に打ち込んだこと」です。
 

9割9分9厘(99.9%)のエントリーシートで聞かれる
質問です。
 
 
これは本当に重要な項目なので、
数日に渡って書いていこうと思います。
 
 

まず、そもそも
なぜこの質問をしてくるのか。
 
 
会社は、
「4年間も暇な時間があって、お前は何をしたんだ?」
と強気な質問をしてきているのです。
 
ぶっちゃけ、99%の学生の本音は、
 
「え?遊んでた。」
 

でしょう。笑
 
 
 
僕はこの前まで学生だったので、
その気持ちが痛いほどわかります。
 

でも、流石にそうは書いてはいけません。笑
 
多くの学生は、書くことがないが故に、
バイ
・サークル
とりあえずやってたこの2つを書くんです。
 
 
今回絶対に覚えておいて欲しいことがこれです。
 
 
『“9割”の学生は、学生時代打ち込んだこととして、
バイトかサークルのことを書きます』
 
 
絶対に覚えてください。
 
 
前回のブログで、
エントリーシートはとにかく他人と違うことを書け!
と言いましたよね?
 
 

じゃあ、バイトとサークルのことを書くことは
100%NGです。
確実に100人中90人は同じ内容を書きますもん。
 

世の中にある就活本では、このことを書いていない。
 
だから僕からこのことを聞けた人は、
その時点で他の就活生よりも
面接官の記憶に残る方法を知れているわけです。
 
 
 

では、明日の記事で具体的に何を書けばいいのか
書いていきますね!
 
 
 
それでは!!