就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

就活マンの面接 vol.5 −『面接で緊張しなくなる方法』

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加
就活マンの面接vol.4に引き続いて、
苦手な人の多い面接に関して、連載していきます。

今回は面接で緊張しない方法を簡単に紹介します。
 
面接で緊張しない方法は、
1つしかありません。
絶対に覚えてください。

それは。
 

場数を踏む」ことです。
 

そもそもなぜ人は緊張するのかと言うと、
「失敗したらどうしよう。予測していないことを聞かれたらどうしよう。」
と不安になることで緊張が生まれます。
 
 
それならあらかじめ失敗経験と、
予測していなかった質問をされる経験を積んでおけばいい。
 
それらの経験を積むことで、失敗しても次があると思えるようになりますし、
予測していない質問には素直に「わかりません。帰ったらすぐ調べます。」
と答えればいいと、強気になれます。
 
 

ではそのような経験を積み、場数を踏むためには、
エントリーする企業を増やせばいいのか?
 
 
 
違います。
 
面接の経験を増やすためにエントリー数を増やす人ははっきり言って馬鹿です。
 

そもそも就活では面接まで
いける数は限られてるので、
エントリー数を増やして、行きたくない企業の
面接を沢山受けるのは効率が悪い。
 

じゃあどうするのか。
 

「友達とやればいい」
 

これに尽きます。
仲良しの友達でも構いません。

しかし、質問の内容は
質問する側がその場で決めて面接練習しましょう。
面接練習する相手が、どれだけ仲良しの友達でも、
聞かれる内容が分からないと緊張するものです。
うまく答えられないことも多い。
 

しかし、これを30回繰り返してみると、
それだけで成長を感じられます。
 

さらに仲良しの友達だと、
「今のはこうゆういう風に返せばいいんじゃない?」
とか気軽に意見交換もできますよ。
 
 
 
なのでぜひ、
友達と面接の練習をとにかくやって、
「場数を踏みましょう」
 
 
 
就活は、楽しく!
そして効率的に!!
 
 
それでは!