【就活生必見!】読むだけで就活を圧倒する就活専門ブログ『就活攻略論』

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

就活マンの就活効率化 vol.2 −『会社説明会の効率化』

皆さん、こんばんわ!
就活マンです。


今日は昼から頭痛がひどい。。


なんとか1日の仕事に耐え、帰宅。

すると不思議なことに頭痛が治りました。

 

恐るべき、華金の力。

 


とりあえず土日に向けて、
今から渋谷で髪を切りに行ってきます。
(…土日に何があるって訳ではないけど。笑)


では、本題に入っていきましょう。

 

今日は就活効率化 vol.1の中でも挙げた、
会社説明会について詳しく触れていきたいと思います。

 

そもそも就職活動とは何か。
就職活動を分解してみましょう。

エントリーシート会社説明会、面接、SPIテスト、
証明写真撮り、会社探し…


ざっくりこのぐらいに分解できますね。


分解したものをそれに費やす時間で考えてみると、
最も多く時間を使うのがエントリーシート会社説明会、SPIテストです。

面接って意外にも選考の最終段階なので、
100社受けたところで、面接までいく数は少ない。
なのでそこまで時間は使いません。
100社受けても20社程度しかやりません。


しかし、エントリーシート会社説明会
選考の初期にあるので、かなりの数やる必要があるんです。
100社受ければ、ほぼ100社分やる必要があります。


つまり、エントリーシート会社説明会、SPIテストの
3つを効率良く行うことで、余裕のある就活ができる。


逆に、いつも「会社説明会エントリーシートで忙しい」って言ってるやつは
効率化とかを考えないアホです。笑

たいていが忙しい気分になってるだけで、
成果はあまり出さない人ばかり。

大学でも過去問をもらって時間効率よくやってる人の方が、
学生生活を楽しんでいたでしょ?

それと同じ。
ずるく、賢いやつが勝つんですよ。

 


では、会社説明会を効率よくこなすにはどうしたら良いのか。


その答えは一言で言うと、
「極力行かないようにする」です。


え?会社説明会って行かないと、ダメでしょ?
と思った方も多いのではないでしょうか。

 

選考過程で、会社説明会に出席が必須となっているものは
もちろんいく必要がありますが、
ほとんど行かなくても大丈夫です。


会社も人材を欲しています。


例えるなら、会社は彼女を欲する男子学生です。

彼女を欲している男子学生は、
自分の短所を女性に話すでしょうか?


いや。

 

「んー。趣味はスケボーとバスケ。」と
格好付けますよね。笑

 

それと一緒で、会社説明会では
自社の悪い部分をほとんど言いません。

「うちの会社は残業が非常に多いので、
残業がしたくない学生は来ないでください。」

なんてことは、言うはずありません。

代わりに「うちの会社は業績がうなぎ登りです。」と言って、
実は従業員が残業地獄で売上が良いという場合も多いものです。

 

そんな説明会に半日も使って参加するのは、
馬鹿。「あんた、ばかぁ?」と某アニメキャラに言われてしまいます。笑


その企業の活動はじめ、
残業時間や離職率などのマイナス情報も、
ネットで調べればいくらでも書いてあります。

 


半日かかることを30分で終わらせる。
そして余った時間は、友達とカフェで情報交換する方が
よっぽど効率的で楽しいですよ。

 


就活で時間をとるような作業は、
しっかり考えて効率化していきましょう。