読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は就活マン。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~

就活マンの就活効率化 vol.1 −『就活は効率化すると楽しくなる』

どうも、こんばんわ!
就活マンです。

 

今日は木曜ですが人事の方達と、

4時間飲んできました。

大企業の人事がどんなことを考えて、面接しているのか。

勉強になりましたよ!


それでは早速、本題に入っていきましょうか。

 


先日、就活を始める3年生の後輩から、
「そろそろ就活ですよー。嫌だ(;_;)」
と、LINEがきました。


そもそも、9割の学生が
就活に関して言う時、最後に(;_;)←
この顔文字を使いますよねー。

 

就活=嫌なもの っていう常識があるからでしょう。


それは先輩が大変そうにしているのを見たとか、
本当に内定もらえるのか不安だ…などなどの理由からでしょう。

 


ではここで、就活=嫌なもの となる原因を
明らかにしましょうか。


それは以下の理由です。

・忙しそう
・やり方が分からない
・うまくいくのか不安

 

この3つが非常に大きいですが、

これらの問題は時間があればほとんど解決します。

やり方はこのブログを見ていれば分かりますし、

うまくいくか不安なのも、成功の秘訣が分かれば

解決しますよね。

 


つまり就活を嫌とは思わず楽しむためには、
”忙しくなく、余裕を持って就活すること”
が重要なんです!

 

とにかく就活は、いかに楽しく、余裕を持ってやるのか。


これにつきます。


楽しく就活をするためには、
時間の余裕が必要。

 

では、どうすれば就活中でも
時間に余裕を持たせられるのか。

 

それは、無駄なことをしないこと!!!!


就活での無駄は決まりきっているので、
ぜひ覚えてください。

 


★”とりあえず”会社説明会へ参加
…この会社何やってるかわからないから、
知るために説明会行こう。って考え。
→1日時間潰れます


★自己分析
…どんな教材やネットを見ても、
たいてい糞みたいな内容しか書けません。
→2時間ぐらい潰れます


★合同説明会に参加
…合同説明会に出展する企業は人材欲しさに、
お金を払って出展しているので、99%自社のいいとこしか
言いません。
(たまに来る大企業は逆にお金を貰って渋々参加しています。)
→1日潰れます。更に糞企業も良い企業だと勘違いしてしまう。

 

この3つは就活=忙しいの原因ですね。


ではこの3つを避けて、効率的に就活する方法を教えましょうか。

会社説明会
→エントリーのために参加必須の説明会以外は、
行かずにネットで調べましょう。
説明会に参加したかどうかなんて、内定にほとんど関係ないから。
そもそも受からない人は、説明会行っても受からない訳で…
(その企業企業で求める人材違うからね。)

 

★自己分析
→友達や先輩とご飯行く。
そこで「自分の長所って何だと思います?」
「なんで自分と友達になったの?笑」
「俺の第一印象どんなだった?」
これらの質問した方が、よっぽど面白い発見があります。

面接の時に、「私は自己分析は全て友達との会話
中でしたんです!」って言えば、コミュ力とかのアピールになるし。


そもそも、自分だけで自己分析して、
長所とか語ってるの、ナルシストみたいだし…。

 

★合同説明会
→行かない。
どんな企業が世の中にあるか知らない人は、
就職四季報っていう、企業図鑑のようなもの見れば、
一瞬で1000以上の会社知れます。笑

 

 


こんな感じで無駄なことはしない。
空いた時間で、友達とご飯行って自己分析したり、
カフェでゆっくりしたりすればいいよ。

 

ちなみに僕は就活中、
一日2時間ぐらいしか就活のことしてなかった。

 

友達と遊んでいる時に、面接で話せる内容浮かんだりしたら
メモとかはしっかり取って、最大限に就活楽しもう!!

 


今日は以上。