就活マンの『就活専門ブログ』~みんなの就活の常識を変える!髪型やメイクは関係ない!〜

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

★みんなの就活力。へ移転しました!⇒ みんなの就活力。

就活マンの面接 vol.2 −『面接ではアルバイトとサークルの話をする人が9割』

こんにちは!

今日は仕事で10時間立ちっぱなしだったので、

足が死ぬ程痛いです…。

 

昼飯も食べられなかったのは辛かった。

 

 

でもシャワーを浴びて、カフェに来て、

ゆっくりしているこの時間があれば、幸せです。

 

 

皆さんの幸せな時間はどんな時でしょうか。

 

 

では、今回のブログの本題に入っていきましょう。

 

 

前の記事に引き続き、

私が倍率800倍の企業から内定を勝ち取った面接の必勝法をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

大学2,3年生に話を聞くと、

「面接で話すことがありません」との相談が非常に多い。

 

 

 

だから結局9割の人が、

アルバイトかサークルの話をします。

 

9割ですよ?

 

 

ほとんどの人が同じようなことを話しています。

面接官からしたらどれも同じに聞こえるんです。

 

 

あなたは友人から、

同じことばっかり話されてどう思いますか?

 

 

結論言います。

 

「うざいです。笑」

 

 

じゃあ何を話せばいいんだよ!!

との声が聞こえてきそうですが、

あなたは4年間生きてきて何もしていないんですか?

と聞きたくなってしまいます。

 

 

ここで覚えておいて欲しいことは、

"別に面接では自慢話や特別な経験を話す必要はない"

ということです。

 

 

これだけは覚えておいてください。

 

 

面接で自分をアピールするためには、

自慢、特別な経験を話す必要があると

みんな思い込んでいる。

 

 

でも、企業が新卒に求めていることは能力だけではありません。

 

 

そもそも能力だけだったら中途採用でいいでしょう。

 

 

 

では何を求めているのか。

それは"フレッシュさ、素直さ、一緒に働いて楽しそうか"という

単純なことが多いんですよ。

 

 

もちろんそこは企業によって様々ですが、

 

新卒に能力を求めている場合は実は少ないです。

 

 

ここのところを、

ますばしっかり覚えておいてくださいね!

 

 

 

 

それでは!